ピクシブ百科事典

漢服

かんふく

中国人(漢族)の民族衣装。チャイナドレスと違い、正真正銘の中国本土の伝統衣装。
目次[非表示]

緒論

中国人(漢民族)の民族衣装のこと。上古から明朝までは中国とその周辺で広く着られていた。明国が満州人に攻め込まれ亡国した後、清政府の「剃髪易服」政策によって禁止されたが、宗教関係など一部には残った。

清時代には男性の衣服は満州人の衣裳が強制され、漢服は道士と僧侶にみられるのみとなった(その他も一部の特例がある)。一方女性は漢服である襖裙の襖も高圧的な民族政策に影響され徐々満州風に変わり、満州化された「漢装」となった。余談だが、清の時代にもその前の時代にもチャイナドレス或いはチャイナ服などが存在しなかった。清の時代には、満州人女性が旗装、中国人女性が満州化された「漢装」を着ていた。西暦1914年、上海の売春婦が初めて着用した、西洋の立体裁断技術を用いた満州風洋服こそがチャイナドレスである。

清朝滅亡後、中国人の衣服は洋服に変わり、漢服は普段着として復活しなかったが、映画や戯曲のほか、中華民国公式祭服や一部の大学の卒業服として使われていた。後、文化大革命になって、祭祀や伝統戯曲が迷信と「四旧」として禁止され、ほとんど見られなくなった。

近年も街角で漢服を見ることは少ないが、道教の道士の服や僧侶のほか、一部の私塾や学校の制服、一部個人の礼装として使われている。また、普段着として普及させようとする有志者もいる。

一見の印象は和服に似ているところもあるが、実際の構造はかなり違う。全体的に見ると漢服の裄丈(通袖)は和服よりも遥かに長い(礼装では250cmくらいある)、衿と衽の幅も若干広い。その故、袖を除いてみると漢服は和服のような長方形ではなく、台形に見える。

漢服は和服と同様、男女とも右前(右衽)で着るが、左前(左衽)で着るのは死人ではなく夷狄(未開の蛮人)とされている(「微管仲、吾其被髮左衽矣」――孔子)。

漢服は、特に礼装が儒教経典の思想に従うものが多いので、数千年間にわたり変化こそ少ないが、種類がそれなりにある。現代において主に以下の種類がある(下着、装飾品除く):

カラーリングは、薄緑や水色のような淡い中間色ではなく、陰陽五行説に基づいて、赤、青、黄、白、黒の五原色が用いられることが多い。

漢服体系

長裝

深衣

  • 直裾 朱子深衣



  • 曲裾

traditional Chinese dressing



  • 襴衫
通裁
  • 圓領袍衫
  • 直裰
  • 直身
  • 道袍

上裝


雅音宮羽の漢服3





長襦

  • 長襖
  • 短曲
  • 雜裾

下裝


  • 帷裳
  • 蔽膝


罩衫

  • 褙子 大氅 褙心 斗篷 半臂 禪衣 大衫
雅音宮羽の漢服6



配飾

  • 腰帶 披帛 首飾


首服

  • 冠冕
  • 巾帽


足衣

  • 鞋 靴 木屐 襪



関連イラスト

【漢服講座】その1:先秦・基本編



関連タグ

民族衣装 チャイナ服 チャイナドレス
和服/呉服 韓服/チマチョゴリ
王耀 気苦労娘

pixivに投稿された作品 pixivで「漢服」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1445108

コメント