ピクシブ百科事典

火雷神

ほのいかずちのかみ

日本神話に登場する雷神の一柱である。

概要

『記紀』によると黄泉の国で伊邪那美命の遺体より生じ、伊邪那岐命を追いまわした八種(やくさ)の雷神のうちの一柱であるとされる。彼らは伊邪那美命の命によって予母都志許売(黄泉醜女)と共に伊邪那岐命を追いかけたが、最後に伊邪那岐命が投げた桃(後に意富加牟豆美命と号す)によって撃退されている。

『山城国風土記』逸文では、火雷大神が丹塗矢となって賀茂建角身命の娘・玉依比売命(たまよりひめ、綿津見神の玉依毘売命とは別神)に流れ着き、これと婚して賀茂別雷命(玉依比古命)を生んだという若干系譜に混乱の見られる伝承が伝わる。

その他創作物での火雷神

東方儚月抄では月の使者のリーダーの一人・綿月依姫が神降ろしした八百万の神々の一柱として登場した。

作中では雨を降らせた後に雷を落とし、その雷が七頭の炎の龍(七柱の兄弟)となって敵を焼いた。

pixivでは大方が『鬼滅の刃』に登場する主要キャラである我妻善逸の使う技名の一つとして知られている。

八雷神 雷神 
我妻善逸 雷の呼吸

関連記事

親記事

八雷神 はちらいじん

pixivに投稿された作品 pixivで「火雷神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46711

コメント