ピクシブ百科事典

灰色の魔女

はいいろのまじょ

『ロードス島戦記』に登場する有名な魔女の通り名。灰色の魔女カーラ。『ロードス島戦記』最初のエピソードのタイトルでもある。

古代王国時代、剣の時代と500年以上もロードス島の歴史に干渉し続けている魔術師
本名はアルナカーラで、通称「灰色の魔女カーラ」と呼ばれている。
当時はマーファを信仰し蛮族に対しても穏健派であったが、古代王国崩壊と蛮族大攻勢の影響を受けロードス太守サルバーンと共にただ二人の生き残りとなった。
剣の時代の闘争において、光と闇の両勢力の不利になった方に加担し、均衡を維持していたらしいことから「灰色の」と二つ名がついた。「額のサークレット」が本体。

ロードス島戦記』からみた近年では、『ロードス島伝説』で「六英雄」の一人「名もなき魔法戦士」として歴史に足跡を残しており、そちらではロードス島始まって以来の存亡の危機がかかっていたので、流石に惜しみなく協力してくれた。

灰色の魔女」編の、本編開始以前にターバのマーファ神殿を襲撃した際レイリアに倒され、彼女の体を乗っ取っている。イラスト等で多くカーラのイメージはこの姿となっている。通称レイリアカーラ。

炎の魔神」編以降はかつてのパーンの仲間だった盗賊ウッド・チャックの体を乗っ取っているが、3巻以降を描いたTVアニメ「英雄騎士伝」版では当初はウッドカーラだったものの、視聴者にわかりにくい(ようこそでもネタにされていたようにオカマのオッサンに見えてしまう?)という理由で別のお姉さんの姿(誰?)で登場した。

最後はレイリアが再び本体のサークレットを装着し、カーラの説得に当たって長きに渡る暗躍に決着を着ける形となった。ただ、それよりも前に実態を暴露されてからは、全土で指名手配される事となったため、行動が大きく限られてしまい完全な詰みの状態に近かった。

関連タグ

ロードス島戦記 ソード・ワールド

沼地の魔女ウェルベリア:後年の他作品に登場した「世界の陰で暗躍する精神寄生体」としての後輩。ただし、行動原理や戦略はかなり異なる。

pixivに投稿された作品 pixivで「灰色の魔女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13512

コメント