ピクシブ百科事典

シーリス

しーりす

シーリスとは、「ロードス島戦記」に登場するキャラクターである。(曖昧さ回避付き)
目次[非表示]

誘導


こちらではロードス島戦記のシーリスを取り扱う。

概要

CV:高山みなみ(OVA)/浅川悠(TV)

カノンの貴族の出身の女傭兵である。
オルソンを相棒としていた。
OVAでは登場が原作より早く、出会った理由も違っている。

原作では税を滞納しているザクソンの村から税を徴収するよう領主から依頼を受けてザクソンにやってきたことで出会い、OVAではパーン達がカーラとの決戦の為にルノアナ湖に向かう途中で出会っている。(ファリスの神官であるエトの存在を見落とした挙句、ディードリットをダークエルフと勘違いし、マーモの残党と思って襲撃した)

女だてらに傭兵をしていることやセシルに対する挑発など世間ずれしているようにも見えるが、実際には精神的にやや幼く、登場してからしばらくは自分以上の剣の使い手はいない、と自負していた(事実、かなりの使い手ではあるが)。

しかし、パーンに負け、マーモの女戦士スメディに敗れ、(自分が保護していると思っていた)オルソンにも「君と戦えば自分は小さい傷をいくつも負うだろうが、先に君に致命傷を負わせるのは自分」と言い切られ、さらに「パーンのことが好きと言っているが、それは負けた悔しさを好意に置き換えてごまかしているだけで、そういうところはやはり貴族のお嬢様だ」とまで言われてしまい、激昂するが、スメディとの二度目の戦いでも完敗し、その自分を庇ったオルソンの自らの命を賭した行動を目の当たりにして、ようやく自分の実力を客観視できるようになり、同時にオルソンへの恋心も自覚する(気づいた時には遅かったが)。

後に、レドリックの妻のハイランド王妃となり、火竜に乗るようになる。父親はカノンの近衛騎士隊長でレオナーの剣の指南もしたウェイマー・ラカーサ伯爵である。

元は「TRPGリプレイ第2部」のプレイヤーキャラクターで、文庫版でのクラスはウォリアーである。小説版では3巻「火竜山の魔竜」より登場。

関連イラスト

無題
【ロードス】傭兵姫と優しい狂戦士



関連タグ

ロードス島戦記 TRPGリプレイ第2部 女傭兵 貴族 ウォリアー ハイランド王妃

関連記事

親記事

ロードス島戦記 ろーどすとうせんき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シーリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173312

コメント