ピクシブ百科事典

小ニース

しょうにーす

ロードス島戦記6~7巻、新ロードス島戦記の登場人物(ヒロイン)

小ニースとは、RPGリプレイおよび小説『ロードス島戦記』の登場人物、ニースの俗称。

概要

ロードス島戦記でスパークが主人公を務める最終シリーズと続編「新ロードス島戦記」におけるメインヒロインである。豊穣をつかさどる大地母神マーファのクレリック。名前は「ニース」であるが、祖母が同名の為、大ニース、小ニース(劇中では「小さなニース」)で呼び分けされている。父はスレイン(スレイン=スターシーカー)、母は一時期灰色の魔女となっていたレイリアである。
本来、レイリアはマーファと対となる破壊の女神カーディスの信奉者の長、亡者の女王ナニールの生まれ変わりであった。しかしスレインとの間に小ニースが誕生したため、母が背負うはずの宿命を、娘のニースが引き継ぐことになった。しかも、レイリアがナニールが持つ転生の力で元の魂にナニールの魂を上書きしようとして誕生したのに対し、彼女は自然に生まれてきたためナニールでありニースでもある完全な一つの魂を持つ。


十代前半ながら聖女と呼ばれるほどの人格者で、アニメ英雄騎士伝やリプレイなどではやさしい清純派ヒロインだった。
リプレイでは「ニースとの子供を作れば、マーファ神殿のバックアップも…」と意気込み野望をスパークさせるスパーク君に、「僕のだから、あげないよ」と言ってたGMだが、小説ではスパークと婚約さしてしまったためか(?)、その続編の新ロードスでは前述のナニールの人格が混ざって悪女キャラクターに変貌してしまった(ただし、本質的な優しさは失ったわけではないので、小悪魔キャラと言ったほうが近いかも)。
最終的にはフレイム王国領マーモ公国公王となったスパークと結婚。新生マーモ帝国及び、前世の恋人だった転生者フィオニス率いるカーディス教団との戦いの果てにナニールでなくニースとして生きることを改めて決意。
スパークと共に一年間異空間に閉じ込められたりもしたが帰還し、独立したマーモ王国の王妃となる。旧マーモ帝国の要素も受け継いだ王国はロードス本島からは恐れられたものの、大きな争いもなく平和な時代を築いた。後世では「スパークとニースが統治していた時代が、ロードスおよびマーモにおいて最も平和であった」と評価されている。

スピンオフギャグ漫画「ようこそロードス島」へでは、火竜山の魔竜編に子供時代の小ニースが登場。パーンをあの手この手で陥れて行く恐るべき悪女。しかしアニメ版ようこそでは普通にヒロインしていた(漫画版の方が登場は後であるため)。

彼女のデザインは黒髪ロングの原作小説(出渕裕美樹本晴彦の挿絵)版と、紫髪の「英雄騎士伝」(TVアニメ及び夏元雅人の漫画)版の二種類が存在する。

関連タグ

ロードス島戦記 ロードス島伝説
ニース 灰色の魔女 カーディス

関連記事

親記事

ロードス島戦記 ろーどすとうせんき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小ニース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12421

コメント