ピクシブ百科事典

目次[非表示]

人物

日本で活動するフリーアナウンサー。
1971年6月10日生まれ、東京都板橋区出身。
法政大学卒業後の1997年からNHKのアナウンサーとして勤務し、2018年1月鹿児島放送局を最後に退局。以後、フリーアナウンサーとして活動している。退局後はホリプロ所属。

白髪がトレードマーク。
和歌山放送局在籍中、「和歌山毒物カレー事件」の取材などを担当し、激務によるストレスから白髪が増えだしたとしている。
以前は白髪染めをしていたものの、髪の傷みを美容師に指摘された事と、自然体で行きたいという思いから2006年に白髪染めを中止。
2007年ごろから「急に真っ白になった」「体調が悪いのか」と視聴者の間で話題となったが、のちに上記の経緯が説明された。
インターネット上では、顔立ちや物腰に公家風の気品が感じられるためか、「麿」(又は「麻呂」のニックネームで親しまれている。
2011年3月に、震災応援のため全国ニュースに登場した際には、NHK広報局のTwitterで「まろ…」という投稿があり、Wikipediaにも半公式の愛称として記載されてしまった。

フリーとなってからはバラエティやワイドショー番組にも出演するようになり、気さくで明るい人柄がうかがえ、NHK時代とはまた違った印象で知られるようになった。

2019年3月に札幌放送局在籍中に知り合った北海道在住の女性と結婚。
結婚を報じる記事が発表されたのち「ワイドナショー」内で直接報告した。本人は2017年に最初の妻(NHK職員)と離婚しており、再婚となる。

2019年4月からレギュラー番組にキャスターとして出演し、キャスターとして復帰し始めている。
日刊スポーツのインタビューで「2018年の収入はひどいものだった」と語っており、現在の妻は「(登坂の)収入が安定するまで北海道で仕事をしている」とも語っている。
また、同インタビューで就職活動時、民放テレビ局はフジテレビと別の一社を受験し、不合格となったという過去を明かしている。

2019年11月にTwitterアカウントを開設。同年12月にはYouTubeチャンネルも開設し、インターネット上での活動にも力を入れている。
YouTubeチャンネル「登坂淳一の活字三昧」ではさまざまな楽曲の歌詞を「読んでみた」動画を多数投稿しており、アニメソング(「電波ソング」なども含む)やラップのような曲にも果敢に挑戦している。

2021年4月に、妻が第一子を妊娠していることを自身のYouTubeチャンネルで報告。不妊治療を経ての妊娠であることを公表している。また、これを機にブログを開設することも併せて報告した。


経歴


幼少期は父親の仕事の都合で東北地方を転々としていた。また、学生時代は陸上部で短距離走の選手であった。

1997年…NHK入局。
1998年…和歌山放送局入局。アナウンサーとして勤務。
2000年…大阪放送局に異動。
2003年…東京の放送センターに異動。2005年から「NHKニュース」など全国ニュースでの出演も増え、知名度も高い人気アナウンサーとなった。
2010年…札幌放送局に異動。「ネットワークニュース北海道」でメインキャスターを務め、2011年3月の東日本大震災後、東京にアナウンサー応援要員として約一ヶ月駆り出された。
2014年…大阪放送局に異動。「かんさい熱視線」キャスターを務める。
2017年…鹿児島放送局に異動。デスクでの勤務が基本となった。シフト勤務でニュース番組等に出演。
2018年…1月11日付で退局、帰京。
フリーアナウンサーとして、4月からのフジテレビのニュース番組でメインキャスターを務める予定であったが、本人のパワハラ・セクハラ騒動が週刊文春で報じられたこともあって辞退した。
以後はホリプロ所属となり、バラエティー番組などに出演している。
2019年…4月からTOKYO MX「TOKYO LOVE SPORTS」でNHK退局後初のレギュラー出演(キャスター)となったほか、BSフジ「BSフジNEWS」の日曜昼放送分のキャスターも務めている。12月には自身のYouTubeチャンネルを開設した。

関連タグ

NHK 麿 麻呂 アナウンサー


外部リンク

登坂淳一…ホリプロの公式プロフィール
登坂淳一…公式Twitter
登坂淳一の活字三昧…個人YouTubeチャンネル

関連記事

親記事

アナウンサー あなうんさー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「登坂淳一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43768

コメント