ピクシブ百科事典

相違点一覧(オーズ×プリキュアシリーズ)

そういてんいちらん

Syogo著作『オーズ×プリキュアシリーズ』における''本編(ハトプリ〜ドキプリ)との違い、及びオリジナル要素''の一覧。
目次[非表示]

その前に・・・


パフアロマユルセンからの大事なお知らせ。

アロマとパフ
ユルセン様



パフ「このページでは一部に『オーズ×プリキュアシリーズ』におけるネタバレが書かれているパフ!

アロマ「閲覧は自己責任でお願いしますロマ!」

ユルセン「どうしてもって言うなら別に構わねぇぞ~。」















本編


※ 『ハピネスチャージプリキュア!』から『キラキラ☆プリキュアアラモード』までの相違点一覧はその2へ

※ 『HUGっと!プリキュア』以降の相違点一覧はその3へ


オーズ×ハートキャッチプリキュア!


第14話

オーズがデザトリアンを倒している。

第19話

映司と堀内正の会話シーンが追加されている。

第28話

原作におけるデザトリアンは小学校を壊しに行こうとしていたが、こちらではガタキリバコンボのオーズとライダーメダルでアクセルの装備を得たブロッサム達によって倒された為、小学校を壊しに行くシーンはなく、早い段階で戦闘を終了させている。

第30話

  • 本編ではデザトリアンがゆり・ポプリ・はるかに襲い掛かるが、こちらでは映司がオーズに変身して交戦している為、襲われる事はない。


第32話

  • ハートキャッチミラージュを手に入れる為の試練の相手にオーズも加わっている。


第33話


第48話

  • 月影博士が死亡しない


最終話(第49話)

  • ダークプリキュアが人間の少女に転生し、月影家の一員(月影りり)となる。


オーズ×スイートプリキュア♪

  • 響と奏は二人一緒でないとプリキュアに変身できないが、こちらでは途中からクレッシェンドトーンの力によって単独でも変身できるようになっている
  • 響と奏と会う前、映司がメイジャーランドを訪れ、アフロディテと会っている。
  • 音符を集める際、ハミィの力で音符が見えるようになっているが、こちらでは映司のコアメダルを所持するだけで音符が見えるようになっており、音符の確保がスムーズにいっている。
  • 奏太がアコの母親であるアフロディテと出会う。
  • 奏太が仮面ライダーに変身を遂げる(ノイズとの最終決戦で一部の変身アイテムが奪われた際の戦闘ではモモタロスの力を借り、一時的にミニ電王に変身した)。
  • 最終話では奏太とアコが恋人同士となる。


第18話

  • セイレーンとトリオ・ザ・マイナーが確保した音符を黒ミューズが全て逃がしてしまっているが、こちらではオーズが逃がしてしまった音符の一部を確保する事に成功している。


第19話

  • セイレーンの罠で響と奏がネガトーンの異空間の中に閉じ込められている間、オーズが大量のネガトーンと交戦しているシーンが追加されている。


第26話

  • 本編では多くの音符が奪われるが、こちらでは映司によって奪われずに済む。


第30話

  • アコが頭にガーゼを貼っている姿で登場している(その理由は第二十一話における戦闘で黒ミューズの時に仮面ライダー電王・ソードフォーム(モモタロス)に石をぶつけられた為)。
  • クレッシェンドトーンの力でライドベンダーのベンダーモードのボタンの音がインターホン、バイクモードのエンジン音がドラムロールとなっている。


第33話

  • ピアノコンクールに参加するかどうか悩む響が映司に相談するシーンが追加されている。他にも戦闘ではオーズとライダーメダルを駆使したビートだけでネガトーンを撃破している。


第36話

  • フェアリートーンの戯れるシーンでカンドロイドも追加されている。本編ではキュアミューズの力によってメフィストが元に戻った後、ヘッドフォンの処分が明らかにされていなかったが、こちらではオーズが破壊している。


第37話

  • ファルセットが未完成の「不幸のメロディ」を歌唱した事でノイズが不完全ながらも復活したが、こちらではオーズが阻止している(その代わりに第三十一話のオリジナルストーリーでそれが実現している)。
  • 仮面ライダーバース/後藤慎太郎とツヴァイバース/伊達明がゲスト出演している。


第40話

  • 原作では雨の中をアコだけが走っていたが、こちらでは奏太も走る。


第45話

  • 原作では音吉がノイズによって封印されてしまうが、こちらではオーズとクアンタムによって阻止され、封印されずに済んでいる。


第46話

  • ノイズの協力者として鳴滝も参戦している。また、音吉と鳴滝もノイズに吸収されてしまう。


第47話

  • ノイズがライダーの変身アイテムを吸収した事で暴走態となって自我を失って暴れるが、ライダーとプリキュアの連携攻撃で最終形態に戻し、スイプリが原作通りに戦闘を行って浄化する流れとなっている。


オーズ×スマイルプリキュア!

  • この作品におけるなおは「生きている」以外は平気となっており、ガタキリバコンボバッタカンドロイドを見ても怖がっている描写はない。しかし、『仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊&プリキュア』で仮面ライダーシンは生物的な外見から恐怖心を見せている。
  • 最終決戦でクアンタムとウィザードが参戦する。


第11話

  • プリキュア達がチイサクナールで元の大きさに戻った直後にアカンベェがもう1体作り出され、オーズが戦っている。


第12話

  • 原作ではキャンディがコップの飲み物をこぼしてしまった事で修学旅行のしおりを汚してしまうが、こちらでは映司が寸前にしおりを取り上げて阻止している。
  • 原作では青っ鼻アカンベェとの戦闘でキャンディがウルフルンに捕まって鳥かごに閉じ込められるも後に自力で脱出するが、こちらでは映司がタカカンドロイドを駆使して見つけ出して救出している。


第16話

  • アカンベェの出題する問題にオーズも答えている。


第20話

  • オーズがタカアイの能力を駆使し、アカンベェを撃破している。
  • 原作の終盤では予備のミエナクナールによって再びみゆきとあかねが透明人間になってしまった事で本編終了となったが、こちらでは映司がすぐさま予備のミエナクナールを操作した事でみゆきとあかねはもう一度元に戻れた(その後、あかねは余計な一言を言ったせいで映司を怒らせ、軽く説教を食らうハメになった)。


第24話

  • 映司も妖精化した他、語尾を決める際にあかねの「~やねん」は言い難い事で「~あか」に変わった。


第27話

  • 原作ではキャンディの事をタエに何とか誤魔化したみゆき達だが、こちらでは映司がキャンディが妖精である事を打ち明けている。その際、誰にも口外しないようにする事を約束した。


第29話

  • 原作ではれいか以外の4人が夏休みの宿題を終わらせる事ができずに補習を受けるが、こちらではみゆきは映司の手助けで最終日前日に全部終わらせ、残った3人も映司の荒療治により徹夜で済ませて補習を逃れる。


第30話

  • 原作では世界一周旅行における食事代のお金と言語の事に関しては触れられていなかったが、こちらでは映司がお金と言語の関連をフォローしている(終盤では不法入国していた事実をみゆき達に指摘している)。


第32話

  • 原作ではみゆきがなまけ玉に支配されるが、こちらでは映司によって支配を逃れる。


第33話

  • オーズ・プトティラコンボとブレイド・キングフォームになったポップだけでハイパーアカンベェを撃破している。


第35話

ロボニナールでロボットになるのはハッピーだけでなく、オーズもロボットになる。オーズが変化したロボットは「ガ○○ムをベースに人工知能で自由に身動きが取れる」という相違点がある。

第42話

  • ひなとゆうたが八百屋で映司と合流して共に行動する。


第44話

  • ラストでふしぎ図書館にニコ魔王が訪れ、皆でクリスマスパーティを楽しむ。


オーズ×ドキドキ!プリキュア

  • マナの呼び名が『幸せの王子』から『幸せの王女』に変わる。
  • レジーナがプリキュアになる
  • アンジュが復活し、ジョナサンとの結婚式が開かれる。
  • 最終決戦でマナが正体をバラした事は四葉グループとプリキュアの意思によって証拠は全て消され、一般に知られずに済んでいる。


第13話

  • 五星麗奈とその取り巻きによるありすへの妨害があり、麗奈に対する制裁は披露されなかったが、こちらでは映司がカンドロイドを駆使して不正行為の証拠を集め、一部の妨害を阻止し、戦闘後は麗奈が五星財閥の当主である彼女の父親によって説教される。


第25話

  • セバスチャンが作った変身アイテムが人工コミューンから人工オーズドライバーとコアメダルになっている。


第28話

  • 冒頭で亜久里の特訓を映司が「無茶過ぎる」と言って中止させている。


第36話

  • ラケルが八嶋とのデートでプリキュアに関する事を言わない。


第42話

  • 亜久里の誕生日パーティーに奏太とアコも加わっている。


第44話

  • 原作ではマナがイーラとマーモの罠に嵌って監禁されてしまうが、こちらでは映司のフォローによって未遂に終わっている。


劇場版

詳細は『劇場版相違点一覧(オーズ×プリキュアシリーズ)』を参照。

関連タグ

オーズ×プリキュアシリーズ キュアライダー

関連記事

親記事

オーズ×プリキュアシリーズ おーずくろすぷりきゅあしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相違点一覧(オーズ×プリキュアシリーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238

コメント