ピクシブ百科事典

石凝姥命

いしこりどめのみこと

日本神話の神。

石凝姥命は日本神話に登場する女神

解説

神名は「石の鋳型を用いて鏡を鋳造する老女」という意味で、
名前から老人であるとされる珍しい神様。(他に塩土老翁など)

天糠戸命アメノヌカド)の娘であり、有名な岩戸隠れの際、
八咫鏡を製造したため鋳物や金属加工の様として祀られている。

実は八咫鏡を作る際、一回失敗しているのは内緒。

関連項目

日本神話 古事記 日本書紀 女神 八咫鏡 老女

pixivに投稿された作品 pixivで「石凝姥命」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10603

コメント