ピクシブ百科事典

石動駅

いするぎえき

富山県小矢部市にあるあいの風とやま鉄道の駅。富山県最西端の駅。
目次[非表示]

概要

富山県小矢部市石動町にあるあいの風とやま鉄道線(旧北陸本線)の
小矢部市を代表駅と同時に富山県最西端に位置する駅になっている。

小矢部市は2015年(平成27年)12月14日に、新駅舎と南北自由通路を2018年度(平成30年度)中の利用開始すると発表。同年には駅と併設される図書館が完成、2019年度初頭に開館すると発表した。が、2019年(平成31年)4月から着工し、2020年(令和2年)3月26日に利用開始になった。
尚、新駅舎は2018年(平成30年)11月27日に供用開始となった。

余談だが、北陸新幹線の計画で一時期、当駅~魚津駅間をミニ新幹線規格で開通させる計画があった。
因みに、当駅からだと県庁所在地である富山駅より西隣の金沢駅の方が所要時間が短いので運賃はかかるものの北陸新幹線に乗り換えるなら金沢駅の方が早い。

駅構造

単式・島式2面3線の地上駅。
1番乗り場と2番乗り場(3番線)の間には旅客扱いしない待避線(2番線)が存在するものの、現在は使用されていない。

番線乗り場路線方向方面備考
11あいの風とやま鉄道下り高岡富山方面
3・42・3あいの風とやま鉄道上り倶利伽羅金沢方面

利用状況

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員は1,557人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度1,733人3,467人
2009年(平成21年)度1,613人3,226人
2010年(平成22年)度1,577人3,153人
2011年(平成23年)度1,603人3,205人
2012年(平成24年)度1,590人3,180人
2013年(平成25年)度1,569人3,138人
2014年(平成26年)度1,322人2,645人
2015年(平成27年)度1,652人3,304人
2016年(平成28年)度1,682人3,365人
2017年(平成29年)度1,527人3,054人
2018年(平成30年)度1,557人3,114人


隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
あいの風ライナー金沢駅石動駅高岡駅
普通倶利伽羅駅石動駅福岡駅


関連項目

あいの風とやま鉄道 北陸本線 小矢部市 富山県内の駅一覧

関連記事

親記事

富山県内の駅一覧 とやまけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「石動駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276

コメント