ピクシブ百科事典

私が町長です

わたしがちょうちょうです

「私が町長です」とは、ロマンシングサガ3で発した問題発言である。
目次[非表示]

セリフ概要

キドラントの近くの洞窟に謎の化け物が住み着いたらしく、町長に話しかけると、この化け物の討伐イベントが発生するのだが、町長の案内に従い洞窟に入るとなんと入口を大岩で塞がれてしまう。実は町長は、モンスターの生贄として冒険者を差し出すつもりだったのだ。このまま無視して奥のボスを倒せば入口が開くのだが、倒せなかった場合は逃げて入口まで戻ってくるしかない。この場合、冒険者たちを心配したキドラントのニーナという少女が岩をどかして助けてくれる。
···のだが、町長は今度はニーナを次の生贄として洞窟に放り込んだ。その後、教授から貰ったねこいらずによって怪物を退治し、生贄となっていたニーナを救出することになる(ポールが街にいる場合は彼が倒してくれる)。

すべてが解決した今、本来だったら町長が成敗されるイベントか、せめて礼としてのアイテムが期待されるのだが、町長のセリフは「私が町長です。」という返事だけだった。当然、プレイヤーの怒りを買ったのは言うまでもない。さらには住人に話し掛けても、ニーナや言葉の喋れない赤ん坊を除けば皆「北海の向こうにあるユーステルムの村へ船がでています。」などと口にするばかりで、町長の非難や主人公への感謝はおろか、怪物が倒された安堵の言葉でさえ誰一人と口にしない。(怪物退治前の彼らは口々に不安を述べていたにも関わらず) もはや怪物の存在自体、完全に無かったことにされている。
スクエニのプレイヤーからは、捏造をした上に証拠となる石板を自分の都合だけで証拠を隠滅し闇に葬ったドラクエ7のレブレサックの村長とどっちが最低か、物議がされているんだとかないんだとか。

因みにムック『練磨の書』には、「村を守るために生贄を差し出そうとした町長を誰が責められようか」という一文がある。…同意できる人はいるだろうか?

リマスター版では

アルジャーノンを倒した後に話しかけると、「報酬をよこせ」「一発殴らせろ」「用はない」の選択肢が登場。
「報酬をよこせ」の場合は所詮金目当てと思われてしまうが、一応報酬は払ってくれ以後の台詞が「私が町長です。フッ。」と勝ち誇ったかのような台詞で固定になる。
「一発殴らせろ」の場合では本当に殴られるのは御免被るようで悲鳴を上げて自宅から逃げ去るが、再度入り直すとまた元の位置に戻っている。こちらでは台詞はオリジナル版同様になり、以後報酬の要求も出来なくなる。

ついでに

インペリアルサガでも同じ名の町を舞台にした同じような話が存在する。

関連タグ

関連記事

親記事

キドラントの町長 きどらんとのちょうちょう

pixivに投稿された作品 pixivで「私が町長です」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45077

コメント