ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

北白川宮能久親王の第一王子、恒久王が創始。

竹田宮恒久王

恒久王は能久親王の第一王子として誕生したが、庶子だったことで宮家を創始。1908年(明治41年)に明治天皇の第六皇女昌子内親王と結婚。恒久王は陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業し、階級は陸軍少将まで上がったが、1920年(大正9年)に36歳で薨去。恒久王と昌子妃には恒徳王と禮子女王(佐野常光夫人)がいる。

竹田宮恒徳王

恒徳王は1909年(明治42年)に誕生、父の薨去後に宮家を相続。1934年(昭和9年)に三条公輝公爵の二女光子と結婚。恒徳王は陸軍に入り、陸軍士官学校・陸軍大学校を卒業し、最終階級は陸軍中佐。太平洋戦争の時大本営参謀であった。1947年(昭和22年)に皇籍離脱。その後日本スケート連盟の会長・国際オリンピック委員会委員に就任。1992年(平成4年)に82歳で薨去。恒徳王と光子妃には恒正王素子女王紀子女王恒治王恒和がいる。

その後の竹田宮

恒徳王の長男の恒正が現当主で弟の恒和は日本オリンピック委員会の会長に就任した。
恒和の男子恒泰は政治評論家である。

外部リンク

竹田宮 - Wikipedia

関連タグ

宮家 皇族 竹田恒泰

関連記事

親記事

宮家 みやけ

兄弟記事

コメント