ピクシブ百科事典

紫鬼神蘭丸

しきがみらんまる

「バトルスピリッツ烈火魂」の登場人物
目次[非表示]

概要

CV:田村睦心

天下に最も近いといわれるバトラー「大六天魔王」の配下として暗躍する、中性的な容姿を持つ少年。
紫のS級バトラーであり、龍がモチーフのバトルマシン「天ツ浮船形」を有する。
普段は丁寧な物腰を装っているが、その本性は相手の弱点を突いていたぶることを楽しむ残虐な性格。
元々は「紫の死神」の異名を持つ一匹狼のバトラーであり、誰かと徒党を組むことはしていなかったが、現在は大六天魔王の理想に心酔し、彼の指示に従い行動している。

烈火幸村に敗北し、ソウルコアを扱う戦い方に悩む宝緑院兼続の前に現れ、彼にバトルを挑む。
その戦いでわざと負けるような戦いをした後、彼にソウルコアの真の力を引き出させるべく「忍将軍クロハガネ」というカードを渡して去って行った。

ムサシ頂上決戦後、名実共にムサシ最強のバトラーになった兼続の力になりたいと再度接触して、真白藤吉郎率いる猿面軍団と共に兼続の傘下に加わる。
そして兼続の意志と称して群青早雲の率いる群青組のスタジアムへと乗り込み、藤吉郎とのバトルで早雲を敗退に追い込む形で、スタジアムを制圧する。
しかしその後、兼続は幸村との再戦によってあっけなく敗北してしまっているが、蘭丸にとってはむしろ想定内に過ぎなかったらしく、「最後の仕上げ」をする為に兼続の弟子達を人質にする形で、彼への「制裁」を行うべくバトルする。
紫デッキの不死の特性を使って兼続を翻弄しつつ、あえて攻撃させる隙を与える事でソウル神速によるキリカゲの召還を行うよう仕向け、それを「妖術師ムメイ」によるカウンターで撃破。更に勝利を焦るあまり、自分が渡したクロハガネで挑んできた兼続の姿勢に呆れつつも、キースピリットである「妖術師ヤクモ」も召還し、その効果で復活させた他のスピリット達との一斉攻撃によって、兼続を完膚無きまでに倒す。そして、志を持ちながらもムサシの平穏のみに固執していた兼続を、結局は早雲と同じ「ただの雑魚」でしかないと、酷評した。
その後は兼続を幽閉し、彼からの指示という名目でムサシのバトラー達のバトルを監視、支配しようと目論むが、それに異を唱えた幸村たちが西ムサシに乗り込んできたため、藤吉郎と共に迎撃する。
しかし藤吉郎は早雲に敗れ、自身も炎利家に敗北を喫した。

使用デッキ

「不死」を持つ紫のスピリットを主軸としたデッキを使用する。手札を増やすため、マジックにのみ赤属性を採用している。

スピリット

  • ストロゥ・パペット
覇王」から登場した0コススピリット。キャメロット・ナイトの不死発揮や不足コスト確保に使う。

  • キャメロット・ナイト
同じく「覇王」から登場したコスト0のスピリットが破壊されたときに発揮する「不死」を持つスピリット。

  • 妖術師ムメイ
召喚時に疲労状態の相手を破壊する効果を有するスピリット。更にソウルコアを使用することでトラッシュから復活するフラッシュ効果も持つ。
外見は「覇王」から登場している「呪の覇王カオティック・セイメイ」に酷似している。

  • キャメロット・ポーン
覇王」から登場した0コススピリット。ストロゥ・パペット同様キャメロット・ナイトの不死発揮や不足コスト確保に使う。

  • 妖術師ヤクモ
蘭丸のキースピリット。ソウルコアを用いての召喚時にトラッシュからコスト合計が6以下になるようスピリットを選択し、そのスピリットをすべてノーコストで召喚する効果を持つ。
前述の不死を持つカードで戦線を維持して相手を疲弊させ、このスピリットで一気に展開し畳み掛けるというのが蘭丸の基本戦術である。

マジック
  • 双翼乱舞、双光気弾
手札増強用の赤のバーストマジック。

余談

演じる田村氏はかつて「バトルスピリッツ少年突破バシン」で主人公バシンを演じている。
主人公を演じた声優が別役でレギュラー出演するのはバトスピ初である。

その後、バトルスピリッツ烈火魂の新春特番においてバシンが登場。しかし、中の人繋がりでのバトルは実現しなかった。

次回作に該当するバトルスピリッツダブルドライブでも田村氏はヨク・アルバトロサ役として出演が予定されている。

関連記事

バトルスピリッツ バトルスピリッツ烈火魂
森蘭丸:名前の由来

pixivに投稿された作品 pixivで「紫鬼神蘭丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59295

コメント