ピクシブ百科事典

CV:諏訪部順一

概要

IBSAを運営する「天魔コンツェルン」の御曹司であり、天魔市の兄。日本のS級バトラー第一号でもあり、以前は「ノブ」という名前で活動していた。
烈火幸村にとってはバトスピの師匠であり、「信兄」と呼び慕っている。彼のキースピリットである「戦国龍ソウルドラゴン」も、元々は信長から託されたものである。しかしある時、幸村に何も告げずに突然行方をくらまし、そのショックで幸村は一時バトスピから身を引いていた。

その後、「バトスピ戦国チャンピオンシップ」の決勝大会を目前に控えた幸村の前に再び姿を現し、自分が海外に渡って世界のバトスピを見聞していたことや、海外のバトスピのレベルの高さを痛感し、日本のバトスピを活性化させるために3Dバトルシステムの開発に携わっていたことなどを打ち明ける。そして、ソウルドライブへの対抗策に悩む幸村に「精進湖へ行け」と助言をした。

一方、その様子を偶然見ていた黒田環奈は彼の身元に興味を持ち、「ノブ」の過去の大会経歴について調査をしてみるが、何故か「ノブ」に関するデータはすべて消去されていた。
そしてIBSAのデータベースに侵入し、彼が天魔コンツェルンの御曹司であることや、現在は海外視察のために日本にはいないはずであることを知り、彼の行動に不審を抱く。

ここからは重大なネタバレが入ります。




























そして後に、大六天魔王と同一人物であった事が判明し、幸村を混乱に落ち陥らせるのだった(市はどうやら初めからこの事を知ってはいた模様)。
幸村の知っているノブ兄とは口調や佇まいなどが違うようだが……?

「知ってたけど?」とか言ってはいけない。

大六天魔王として活動していた理由は、前述の通りかつて日本と世界レベルの差を縮まなければ黒船の様に世界級のバトラーが日本の大会に進出した場合瞬く間に席巻、日本バトスピ界の未来に危機感を抱いていたからである。妹にIBSA代表の座を託すと共に「バトスピ戦国チャンピオンシップ」の開催を命じ蘭丸や藤吉郎らを傘下に加え危機感を煽らせ、大会の結果自らを倒すような実力があるバトラーが現れない場合はIBSAすら不要と考え、破壊の末の創造を考えていた。

幸村達に辛辣な言葉を投げ掛け続けたのも、自身の心にある悪行を含めた偽りの仮面を砕かせ本気のカードバトルを望む為らしい。

この姿で幸村と決勝戦を戦い、敗北後は蘭丸藤吉郎を引き連れて海外へと旅立って行った。市からは幸村に敗北するのも予定通りだったのではないかと推測されていた。
信長は否定していたが、幸村との再会時にバトスピ戦国時代や大六天魔王の存在を憂いていたこと、幸村に新カードを授けチャンピオンシップ優勝に導こうとしたことなどから、本当は「大六天魔王」としてヒール役を演じ切り、幸村とのバトルで倒されることを望んでいたと思われる。

関連タグ

バトルスピリッツ烈火魂 烈火幸村 天魔市
兄貴分 美形悪役 哀しき悪役
織田信長>元ネタとなった戦国武将
真田信之>「信兄」の元ネタとなった戦国武将

pixivに投稿された作品 pixivで「天魔信長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15897

コメント