ピクシブ百科事典

宝緑院兼続

ほうりょくいんかねつぐ

「バトルスピリッツ烈火魂」の登場人物
目次[非表示]

概要

CV:杉田智和

炎利家と並ぶ実力者でムサシ西部を拠点に活動するS級カードバトラー。
僧のような服装を着込んだ筋肉質な青年。
虫型のバトルマシン「緑風神」を所有する。
冷静沈着な性格でバトスピに対する「愛」を信念としている。
それだけに別世界の人物とトークバトルができるかも知れない…
群青早雲はかつて志を同じにした同士だったが、兼続を超える強さを求めた早雲が彼の元を離れたため、現在は敵対している。

利家や早雲を破った烈火幸村にバトルを挑み、敗北した兼続は、敗因はソウルコアを使いこなせていなかったことにあるとしてソウルコアを生かした戦いを模索するが、その最中に紫鬼神蘭丸にバトルを挑まれる。何故か手を抜いていた蘭丸に勝利した兼続は、その時点では世に知られていなかった「ソウルバースト」を持つカード「忍将軍クロハガネ」のカードを託される。

そして、利家が幸村に再戦を挑もうとしている騒ぎに乗じてムサシ東部へ乗り込み、早雲も含めた4人のS級バトラーによるムサシ頂上決戦の開催が決定。過去に因縁のあった早雲をソウル神速で破り、続く幸村との戦いでもソウルバーストによって勝利。ムサシ最強のバトラーの称号を得たのは兼続となった。

ムサシ最強の座に就いた兼続は、ムサシ全土を統一することを宣言。それに協力を申し出た蘭丸と真白藤吉郎を配下に迎える。
しかし、ムサシのバトラーが次々と緑デッキに鞍替えして町が緑デッキ一色になっている状況は彼の思惑とは外れているようである。

その後、敗北を受けて新たなデッキを構築した幸村が再戦を申し込んでくるが、兼続の部下が独断で再戦を拒否して門前払いし、その事を兼続に知らせなかったため、彼の知らぬ間に「ムサシ最強の座を守るために再戦から逃げた」という噂が広がる。
結局その噂は兼続の耳に届くほど大きくなってしまい、事態の収拾と、幸村を返り討ちにすることでムサシ最強の座をより確実なものとするため、幸村の再戦を受け入れる。
ソウル神速、ソウルバーストによる盤石な布陣で勝利を確信した兼続だが、幸村もまたソウルバーストを会得しており、逆転を許し敗北。幸村がソウルバーストを使うことを想定していなかった兼続は、その事実に愕然とするしかなかった。
その後蘭丸から幸村に敗北した責任を取る「制裁」という形でバトルを挑まれ、最初こそ優位に立つも、実はこれも蘭丸の策であり、蘭丸のスピリットの特殊効果の前になす術なく敗れ、結局自らも早雲と大差ないと蔑まれた。
蘭丸に敗北した後は牢に幽閉され、名前だけを利用されていたが、幸村たちが蘭丸と藤吉郎を破ったことで解放される。

「戦国チャンピオンシップ」には幸村、早雲と共にチームを組んで出場。全国大会を前に視察に現れた白銀謙信とバトルをするも、本気を隠されたまま敗北している。その後予選を全勝して突破。
決勝大会二回戦では赤井長頼と対戦し、難なく勝利。
準々決勝第三試合では利家と対戦。自身は速攻で利家が「戦国六武将レオンランサー」を召喚する前に勝負を決めようとし、それを利家がマジックで凌ぐという激しい読み合いの末、利家のレオンランサーや「センゴク・タイガー」でライフを削り切られて敗北した。

デッキ

「殻人」「殻虫」といった昆虫型スピリットを中心とした緑デッキの使い手。

スピリット

  • 蜂王フォン・二ード
系統「殻人」「怪虫」を持つPXレアカード。
召喚するだけで3コアブースト、アタック時にBP合計10000分のスピリットを疲労、条件付きで回復能力持ちと、単体のスピリットとしては破格の性能を持つスピリット。
作中では少なくとも2枚所有している。
が、これほどの強力なカードではあるが、キースピリットではない。なので、序盤から他のコモンのスピリット同様に召喚される。
なおこのカードが発売されたのは「覇王」が放送されていた時期であり、その時に未登場だったカードがのちのシリーズで登場する珍しいパターンである。
また、PXレアのカードがアニメで使用されたのも初のことである。

  • カッチュウムシ
「覇王」から登場している「殻虫」の小型スピリット。

  • シノビコガネ
系統「忍風」「刃虫」を持つ中型スピリット。

  • 忍将軍クロハガネ
蘭丸から託された、ソウルバースト効果持ちのスピリット。自身のスピリットが破壊/消滅したときに相手スピリットを1体疲労させて召喚できる。【起動】で発動した場合、さらにスピリット/アルティメットを1体疲労できる。作中ではキリカゲの【起動】により発動され、幸村のジンライドラゴンを疲労させた。

  • 烈風忍者キリカゲ
12話にて初披露となったキースピリット。
リザーブのコアで召喚する通常の【神速】とは異なり、ソウルコアをトラッシュに置くことで実質1コストで召喚できる「ソウル神速」や、
乗っているソウルコアをトラッシュに置くことでセットしているバーストを即座に発動できる「起導:緑」などを持つ。

  • 大地の忍ダイビート
第43話で登場した兼続の新スピリット。クロハガネと同様ソウルバーストの効果持ちである。自身のスピリットが破壊/消滅したときにボイドからコア一個を自分のスピリットに置いて召喚できる。【起動】で発動した場合、相手はこのターンの間はバーストを発動できなくなる。また、このスピリットのアタックは、相手は2体のスピリットまたはアルティメットで同時にブロックしなければいけない効果がある。作中ではキリカゲの【起動】により発動し、利家の場にあるブロック可能なスピリットが1体しかないのを突いてライフを削った。
ネクサス
  • 吹き荒ぶ旋風
幸村とのバトルで使用したネクサス。
エンドステップに「殻人」、「忍風」を2体回復させる効果を持つ防御寄りの性能を持つ。
これにより連続アタックしたフォン・ニードを回復させ、幸村からの攻撃のブロッカーを用意した。

マジック
  • 風遁之術
  • ネオ・ハンドリバース
どちらも疲労効果に加え、BPアップ効果を持ち合わせるカードであり、BPの低いシノビコガネやキリカゲを強化し、相手を迎撃するために使われる。


漫画版

利家同様純粋な敵キャラとして登場。アニメ同様「愛」を語るが一方的な愛情であり他人からカードを強奪する自己中心的な人物となっている。
使用カードはゲニン・スズメキガシライトなど緑の「強化」デッキに変更されている。


中の人

演じている杉田智和自身も、烈火魂開始よりも前からバトスピをプレイしている。本人も緑デッキを使っているため、今回のキャスティングもそれにちなんだものかもしれない。

バトスピのアニメ出演は今回が初めてだが、以前放送されていたバラエティ番組「アタックしますが何か?」のミニコーナー「ぜろ×うぇざ」にてゼロ番星のイチというキャラを演じていた。

また、ブースターパック「烈火伝3章」発売前に行われた公式生放送では、知人のデザイナーに発注して作った兼続のコスプレ衣装を着て出演した。

関連記事

バトルスピリッツ
バトルスピリッツ烈火魂
直江兼続:名前の由来

pixivに投稿された作品 pixivで「宝緑院兼続」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74591

コメント