ピクシブ百科事典

舌長姥

したながうば

会津地方の怪談奇話を集めた書籍『老媼茶話』に記載される妖怪。

概要

舌長婆とも表記される南陸奥の芦野原街道の諏訪千本の松原に出現したとされる老婆妖怪

一見すると普通のお婆さんだが、その実態はが五尺(約1.5m)もある妖婆で、人間の肉を好むらしく、眠っている人間をその長い舌で舐めまわして肉を刮ぎ取って喰らってしまうとされる。

また、諏訪地方の朱の盆とは協力関係であるらしく、自身の住み家へと迷い込んできた2人の旅人の内の1人を気配を感じて目を覚ました1人が朱の盆に気を取られている隙に寝入っていたもう1人を掻っ攫って食い殺している。

関連項目

朱の盆 妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「舌長姥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント