ピクシブ百科事典

舞首

まいくび

神奈川県舞鶴町に伝わる怨霊譚。絵本百物語に語られている。

舞首(まいくび)

怨霊として神奈川県真鶴に伝わる。江戸期の奇談集『絵本百物語』に記載。
鎌倉期、寛元年間のこと、伊豆の真鶴の祭りの日の夜。三人の武士(小三太、又重、悪五郎と伝わる)が酒に酔い啖い口論となって斬り合いの死闘に至る。
諍いの原因は伝わっていないが、三人はいずれも死亡。死後も諍いを続け首だけが海で三つ巴の争いを続けたと言う。首達は夜には口から火を吐き、昼間は海面に三つ巴模様の波を立てることから、この海域を土地の人間は巴け淵と呼んで恐れた。
海面に三つ巴模様の波が現れる潮流の為、海の難所であったと思われる。海難場所の口伝として伝わっているのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「舞首」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11583

コメント