ピクシブ百科事典

荒行

あらぎょう

荒行とは、仏教における悟りを開くための修行法の一つ。
目次[非表示]

解説

主に仏教において、修験者などが悟りを開くために行う、厳しい苦痛に耐える荒々しい修行法である。

ネット界隈では転じて、身を投げ出すが如き行動(ソーシャルゲームへの常軌を逸した課金等)を指すことがある。

内容

一般によく知られる主な修行として、滝行水行護摩行などがあるが、ここではある凄絶な荒行を二つ紹介する。

ある凄絶な荒行の例

千日回峰行

滋賀県京都府比叡山や、奈良県吉野山で行われている修験道の修行であり、ここでは吉野山での千日回峰行を例として挙げる。
現地の金峯山寺蔵王堂をスタートし、24㎞先にある大峯山の山上ヶ岳頂上まで登り、再び帰ってくる往復40㎞、高低差1350mにもなる山道を、16時間かけて1日で往復し、それを1000日続け合計48000㎞を歩き続けるという、下手をすれば命の危険もある凄絶極まりない荒行である。
行がはじまる5月初め頃には、下では春の暖かさでも、頂上付近に行くとまだ雪が残っていて、寒暖の差がかなり大きい。

千日と聞くと、千日間連続で回峰行をするものと誤解されることが多いが、そうではなく山を歩く時期は5月3日から9月22日までと決められており、5月3日には大峯山の『戸開け式』という山開きの儀式が行われ、9月23日の早朝に『戸閉め式』が行われる。
戸閉め式から翌年の戸開け式までは、山を歩くには危険すぎる時期となるため、その間の約4ヶ月間を目処に、毎年120日と数日を歩くのが決まりになっている。

また、はじめから入行できるわけではなく、まず百日回峰行を満行しなくてはならない。

吉野山金峯山寺の歴史上過去1300年間に、この行を満行したのはなんと2名だけである。
その内の1人、現在は仙台市秋保の慈眼寺の住職であり、著述家としても有名な大阿闍梨塩沼亮潤氏は、後述の『四無行』も成し遂げている。
ちなみに塩沼氏は、旧皇族宮家出身の作家である竹田恒泰氏の友人でもある。

四無行

9日の間、「断食、断水、不眠、不臥(食べず、飲まず、寝ず、横にならず)」を続ける修行で、この4つがないということでそう呼ばれる。
臨む前には、通称「生葬式」と言われる浄斎の儀(心身を清らかにしておくこと)を済ませ、縁のある人々に最後の別れをした後に行に入る。
これは行を終え、生きて戻れる保証がないためであり、まさに生死をかけた行である。
ちなみにこの行は、上述した千日回峰行をやり遂げたものでしか挑むことができない

関連タグ

仏教 修行
修験道 山伏
神仏習合

pixivに投稿された作品 pixivで「荒行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10524

コメント