ピクシブ百科事典

蒼の封印

あおのふういん

篠原千絵による漫画。
目次[非表示]

概要

篠原千絵による少女漫画漫画雑誌少女コミック』(小学館)にて1991年22号から連載された。単行本は全11巻。コミック文庫版は全7巻。

あらすじ

高校1年生の桐生蒼子(きりゅうそうこ)は、転校早々不良の香椎(かしい)に目をつけられ、無理やり襲われる。しかしその途中で意識がなくなり、気づくと香椎の姿は消えていて、なぜか彼の服だけが取り残されていた。
そんな折、蒼子を執拗に狙う男が現れる。男は西園寺彬(さいおんじあきら)と名乗り、かつて人を脅かしていた人食い鬼の長、「東家の蒼龍」である蒼子を殺しにきたと告げる。

主な登場人物

桐生蒼子(きりゅう そうこ)
主人公。高校1年生16歳の女子高校生として登場する。蒼い鬼火を操り、人の精気を吸い、人を新たな鬼門の一族へと作り変える“蒼魂”を生み出す能力を持つ。鬼である自らの存在を厭い、鬼門を滅ぼして人間になり、人として生きることを望んでいる。

西園寺彬(さいおんじあきら)
鬼門を狩る能力を持つ「西家の白虎」。血が薄まってしまった西家の一族の中で、最も強い能力を持つが故にほかの兄弟を差し置いて当主となる。蒼子の命を狙っていたが、いつしか心を奪われ、蒼子と愛し合うようになってしまう。

関連タグ

少女漫画 篠原千絵
東洋風ファンタジー  食人鬼 古代文明
四神 青龍 朱雀 白虎 玄武

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼の封印」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 488

コメント