ピクシブ百科事典

西園寺つくし

さいおんじつくし

西園寺つくしとは、ライトノベル「生徒会の一存」の登場人物。

概要

「新・生徒会の一存 上」より初登場。新・生徒会の生徒会長。碧陽学園の2年生で転校生。

大きく澄んだ漆黒の瞳、透き通るような白い肌、薄く鮮やかな朱の唇と艶やかな黒髪、日本人形のような静謐さを漂わせた正に大和撫子を絵に描いたような美少女。良家の令嬢でもある。


生徒会の役員を決める演説において
壇上に上がり顔面から転び
マイクの前でお辞儀してマイクに頭突きし
挨拶一言目で噛み
改めて挨拶で再びマイクに頭突きし
演説終わり際にマイクを避けて一歩下がってお辞儀したら配線に引っかかって尻餅をつき
どうにか壇上から無事に降りたら上から垂れ幕が降ってきて一人で遭難する

という奇跡の演説をし、莫大な評価を得て1位に当選し生徒会長となった。

上記のように「笑いの神様」に愛されているが、本人にとっては努力した結果を見せようとしてもまともにそれが出来ない嫌なものでしかなく、こうした自分の体質から当初は生徒会長の辞任をしようとしていた(しかし「笑いの神様」によって結局出来なかった)。

しかし、杉崎がたとえ思い描いたとおりの成功じゃなかったとしてもそれは諦める理由にはならないと彼女を説得し、またそんな体質に負けないように努力してきた自分を誇っていいと言ってくれたため、無事生徒会長に就任した。

実は彼女の身に起こる出来事の原因は、半分くらいが素のドジ

トラブルもチャンスに変えるアイドルに憧れていて、宇宙巡の大ファン。


関連タグ

生徒会の一存 杉崎鍵 日守東子 水無瀬流南 火神北斗

pixivに投稿された作品 pixivで「西園寺つくし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2046

コメント