ピクシブ百科事典

野村利三郎

のむらりさぶろう

新撰組、陸軍隊隊士。
目次[非表示]

概要

弘化元年(1844年)、美濃旗本加藤平内領に生まれる。
詳しい出自や経歴は不明だが、慶応3年(1867年)秋ごろには新撰組に入隊したとされる。
鳥羽伏見の戦い、甲州勝沼の戦いの敗走を経て、新選組は流山にて再起を図るが、新政府軍に包囲される。大久保剛を名乗っていた近藤勇は、事態の打開のために野村と村上三郎のみを伴い、新政府軍に投降。村上は使者として戻されるが、近藤の正体が露見すると、野村は近藤とともに投獄される。後に土方歳三勝海舟らの書簡を届けに来た相馬主計も捕縛され、3人は処刑されることとなったが、近藤の必死の嘆願により二人は助命された。

野村は加藤家へ引き渡される途中で脱走。同じく脱走した野村と落ち合い、春日左衛門率いる陸軍隊に合流し、奥州を転戦。仙台にて土方歳三ら新選組と再会した。
奥州戦線の頃から春日左衛門とは度々衝突しており、蝦夷地渡航後遂に表面化。榎本武揚の仲裁を受けることになった。箱館奪取後は陸軍奉行添役介に就き土方の直属となる。

明治2年(1869年)3月、劣勢となっていた制海権を取り戻すため、新政府軍の甲鉄艦にアボルダージュ(接弦攻撃)を仕掛ける作戦が提案され、野村は土方の幕僚として回天丸に乗り込む。
戦闘が始まると野村は真っ先に甲鉄艦に斬り込むが、撤退に間に合わず取り残され、討死した。遺体は海に棄てられたとされる。

創作の野村利三郎

『幕末恋華新選組』の登場人物。
CV 谷内健



関連タグ

幕末恋華新選組

pixivに投稿された作品 pixivで「野村利三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7774

コメント