2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

闇竜の黒騎士

ぶらっくないとおぶだーくどらごん

遊戯王OCGに登場するアンデット族の効果モンスター。「闇竜の黒騎士」と表記して「ブラックナイト・オブ・ダークドラゴン」と読む。
目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星4/光属性/アンデット族/攻1900/守1200
(1):1ターンに1度、戦闘で破壊された相手の墓地の
レベル4以下のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

概要

白竜の聖騎士アンデット化した姿とされるアンデット族効果モンスター
竜の騎士」なんて名前のくせにイラストはやたらと「白」が目立つ。騎乗している竜の体は大部分が黒ずんでいるが、それでも頭や腕などに白い甲殻(骨格?)が残っており、本体と思われる騎士も自慢のの輝きがまるで衰えていない。しかもアンデット化したにもかかわらず光属性のままである。それも光と闇の竜のように闇属性も内包しているというわけでもなく、純粋に光属性である。光属性のアンデット族モンスターはこのカードを含めても片手で数えられる程度しか存在しない。

戦闘で破壊した相手のレベル4以下のアンデット族モンスターを自軍に従えることができる。このカード自体の攻撃力は1900とレベル4にしては低くない数値であり、厄介なデメリットや制限なども特に無いので非常に扱いやすい。ちなみに必ずしもこのカードで戦闘破壊する必要は無く、自軍のモンスターで相手のアンデット族モンスターを破壊すれば効果を適用できる。自身がアンデット族でありながら、アンデットデッキの天敵となり得る能力である。
アンデットワールドが発動している場合、実質的にレベル4以下で戦闘破壊が可能なモンスターなら誰でも復活させて自軍に加えられるようになる。

ちなみに黒竜の聖騎士とは無関係……だが、実はアニメ版ではあちらが「闇竜の黒騎士」を名乗っていた(読みは「ナイト・オブ・ダークドラゴン」)。しかしOCG版「闇竜の黒騎士」が先にOCG化されたために同じ表記の名前が使えなくなってしまったため、「竜の騎士」(ナイト・オブ・ブラックドラゴン)に改名してOCG化されることになった。

関連項目

遊戯王OCG
アンデット族
ナイト・オブ
白竜の聖騎士 黒竜の聖騎士

関連記事

親記事

白竜の聖騎士 ないとおぶほわいとどらごん

pixivに投稿されたイラスト pixivで「闇竜の黒騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1084

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました