ピクシブ百科事典

雷は私の母になってくれたかもしれない女性だ

いかづちはわたしのははになってくれたかもしれないじょせいだ

モデルグラフィックスに掲載された、シャア・アズナブルの迷言を捩った煽り文
目次[非表示]

概要

モデルグラフィックス誌2013年12月号に掲載された煽り文。

元ネタは劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の最終盤において主人公アムロ・レイライバルキャラシャア・アズナブルが放った名台詞にして恨み言。
ふたりはガンダム第一作となるTVシリーズの作中においてララァ・スンというニュータイプ少女を巡る三角関係にあったことがあり、終盤の両者の戦いに巻き込まれララァは戦死した。
以下、「逆襲のシャア」のネタバレを含む。

 「逆襲のシャア」劇中にて登場したニュータイプ(≒超能力)少女クェス・パラヤは、はじめはアムロたちと行動を共にしていたが、ふとしたことでクェスと出会ったシャアがそのニュータイプ能力からかつての(年下の)恋人ララァの面影を感じて自分の元に置くことを画策し、自軍に彼女を招き入れる。しかしララァのような包容力を(年下に)求めるシャアの思惑とは異なり、年長のシャア34歳に当然のように甘えてくるクェス13歳にシャアは次第に面倒を感じ始め、やがてクェスを恋人の再来ではなく「ただの優秀な兵士」としてのみ扱うようになり、間もなくしてクェスは戦死してしまう。
 この成り行きとシャアの大人げない冷酷さについて、最終決戦の最中に「貴様ほどの男が、なんて器量の小さい!」とアムロが責めると、彼はこう言い返す。
ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!そのララァを殺したお前に言えたことか!」
アムロは「お母さん?…ララァが…?」と驚愕のあまり絶句し、直後にコックピットの外で起こった異変によってこの会話は打ち切られ、映画はエンディングへと繋がる。
後年、富野由悠季監督が「あの二人は死んだと思ってくれて構わない」と言明したこともあり、この情けない逆ギレにも聞こえる告白がシャア・アズナブルというキャラクターの(同時にアムロ・レイというキャラの)最期の台詞となった。


タイトルにもあるように艦隊これくしょんのキャラクター「」の専用タグである。

主に「ロリおかん」「ダメ提督製造機」としてある意味恐れられている彼女が母性全開で提督(プレイヤー)を甘やかせている作品に付けられる。ただ雷が優しいだけでなく、そんな年下の幼女にベッタリ依存する成年提督のダメっぷりも同時に窺える響きがあるフレーズである。


史実ネタ

「雷」を沈めた潜水艦ハーダーの討伐戦に第一〇二号哨戒艇が参加している。
この第一〇二号哨戒艇、元はアメリカ海軍のクレムソン級駆逐艦「スチュアート」である。
実際にとどめを刺したのは第二二号海防艦で、第一〇二号哨戒艇はハーダーに追い詰められた輸送船を救出した。
つまり……

「貴様ほどの駆逐艦が、なんて器量の小さい!」
「雷は私の母になってくれたかもしれない駆逐艦だ、その雷を沈めたお前に言えたことか!」

関連項目

艦隊これくしょん 雷(艦隊これくしょん) シャア・アズナブル 草加雅人
バブみ

pixivに投稿された作品 pixivで「雷は私の母になってくれたかもしれない女性だ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 870585

コメント