ピクシブ百科事典

飛行開発実験団

ひこうかいはつじっけんだん

航空自衛隊の航空開発実験集団隷下の組織。新たに導入した航空兵装の試験や運用、それらを扱う航空機パイロットの養成を任務とする。
目次[非表示]

空自の新兵器開発拠点

航空自衛隊岐阜基地に拠点を置き、ミサイルといった兵器の開発や運用試験を行う組織。略称は飛実団(ひじつだん)。川崎重工岐阜工場の工場の一部が岐阜基地に併設されている。
主に航空自衛隊が開発している兵装や試験目的で購入した兵装の搭載試験や発射試験などを行い、性能評価を行っていることで有名。運用している航空機には独特の塗装がされていることもある。これら航空機を操り評価するためのテストパイロットの育成も同時に行われている。
このテストパイロットは様々な状況下で航空機の運用をするため、純粋に戦闘技術に特化した飛行教導群とは別の意味でのエリートパイロットがなる狭き門である。

その任務の特性上、ここから発進する航空機に搭載されてる兵装から開発の進捗状況を垣間見ることができるため、岐阜基地を望める場所には日本航空ファンはもちろんのこと、国籍が怪しい人の姿もあるとかないとか・・・。

関連リンク

心神、ATD-Xとも呼ばれた自衛隊が開発したステルス実験機。岐阜基地において試験を行った。

岐阜基地が舞台のTVアニメ。岐阜基地で勤務していた主人公がひょんなことからとある適性が認められ飛実団に配属される。しかも、最近になって実際に登場した『マンボウ』を初めとした劇中に登場する場所を紹介する特設サイトが唐突とも言えるタイミングで公開され、樋口真嗣総監督も「突然山が動きました」と驚いていた。
小説「イカロス・イン・ザ・スカイ」にて無人航空機であるQ-Xを開発。

外部リンク

飛行開発実験団

関連記事

親記事

航空自衛隊 こうくうじえいたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飛行開発実験団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7019

コメント