ピクシブ百科事典

高山病

こうざんびょう

高山病とは、高山のような低酸素状態の環境下に置かれたときに発生する症候群をこう呼ぶ。

空気が薄い標高約2,400m付近から発生することが多く、頭痛や吐き気やめまい、むくみ、失神などが起こる。悪化すると肺浮腫や肺水腫を起こしたり、呼吸器系や循環器系に持病がある場合は合併症も起こりやすくなり、最悪死亡する。

このため高山での登山で発生しやすく、特に近年いささか過剰な観光PRなどで初心者の登山者の多い富士山ではこれでダウンする者が後を絶たない。
症状が軽い頭痛にうちなら市販の頭痛薬を服用し山小屋で一泊して改善する事も多いが、中度以上の症状が出ると応急処置としては酸素を吸わせて一休みさせるくらいしか対処法がなく、かかったら基本的に下山するしかない

高所における行動パターンからして登山客の場合は予防法も決定的なものはなく、基本的には軽い症状でもほぼ全員がかかる。体質的に合わない人がいる事も間違いではないが、結構ガタイのいい人や普段よく運動しているような人でもかかるときはかかる。
ただしある程度ゆっくり体を慣らしながら登る事でリスクが多少抑えられるため、予防法としては所謂山小屋に宿泊しない「弾丸ツアー」を避け充分な時間をとって登山する事である。団体行動としての弊害も重症化のリスクにつながる事から、初級者は経験者のいる数名の小グループでの登山が望ましい。
また高山登山に挑戦する前に、2,000m前半までの山で練習したりロープウェイバスなどでで頂上近くまで行ける高山を訪れてその自然環境の雰囲気を肌で感じる事も重要である。

海外では高山病の初期症状の対症療法として緑内障用の薬が用いられるが、残念ながら日本では処方箋なしでは一般販売で購入できない。

関連タグ

登山 高山
病気 急病 医学

関連記事

親記事

病気 びょうき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高山病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5094

コメント