ピクシブ百科事典

高速巡洋型クルーザー

こうそくじゅんようがたくるーざー

『宇宙戦艦ヤマト』に登場するガミラス帝国のデストロイヤー系列の戦闘艦の一種。高速巡洋艦とも呼ばれる。重武装の駆逐型デストロイヤー艦と違って、こちらは加速性、機動性といった運動性能を追求したタイプの艦艇である。この艦の資料が少ないが、宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1などデストロイヤーの船体を延長し、火力が強化された艦という記述がある書籍がみられる。また、続編での登場は『ヤマト2』で少し出てきたのみで、後は未登場。リメイク版『宇宙戦艦ヤマト2199』では、ケルカピア級航宙高速巡洋艦として登場した。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト』に登場するガミラス帝国の戦闘艦。駆逐型デストロイヤー艦よりも知名度は低く、登場回数もかなり少ないなど、活躍に恵まれなかった艦艇である。
 デストロイヤー艦と概ね似通ったフォルムを持つ。相違点があるのは、搭載する砲塔が2基6門と大幅に削減されている事と、艦首の目玉状パーツ(第9話においてデストロイヤーでは高出力エネルギービームを撃つ描写がある。)が4つに増えている事、高速を発揮するために船体が延長されている事、そして煙突の様なパーツが無い事などである。
 打撃力よりも加速力や機動性といった運動性能と航行能力の向上を図ったタイプのガミラス艦であり、その武装の少なさが本艦の特徴を証明している所以であろう。ただし、主砲が大幅に削減された代わりに各砲門の大口径化による火力強化が図られているようで、一撃離脱戦法には持って来いのものだと考えらる。武装の削減は装甲の強化と、推進力へのエネルギーの割り振りの増強に充てられ、船体の延長はより大型高出力の波動エンジンを搭載する事を目的としたものと推測される。
 PS版、PS2版の双方にも登場。なおPS2版においては、ガミラス艦艇の中で対空火器を有する貴重な艦艇である。ただし、大口径砲は前甲板の1基のみとなり、後甲板の砲は中口径となっている。PS2版では艦底部にも中口径砲が確認できるが、ゲーム本編では使用できない。
 第1作目で序盤に登場した以降、姿を見せることは無かった。また『宇宙戦艦ヤマト2』では、ガミラス艦隊の一角に姿を見せてはいたものの、それっきりであるという不遇の扱いを受けている(因みにミサイル型駆逐艦は本級と同等の扱いと思いきや、まさかの完結編で登場している)。
 リメイク版は『ケルカピア級航宙高速巡洋艦』を参照の事。

スペック

高速巡洋型クルーザー

ガミラス艦


  • 全長、不明(駆逐型デストロイヤーより船体が延長されている。)
  • 機関、1基
  • 兵装
・艦首高出力ビーム砲×4門(第9話のデストロイヤーの描写から)
・三連装大口径ビーム砲塔×2基(前部1基、後部1基)
・固定式大口径ビーム砲×2門(両舷に1門づつ)(もしくはミサイル発射管か?)
・三連装エネルギー機関砲×2基(両翼)
・魚雷発射管×2門(両翼)

性能

 高速性能を追求した戦闘艦。その為か、多数のビーム砲塔を有していたデストロイヤー艦よりも、ビーム砲塔はかなり削減されているのが特徴的である。その代わりに口径と威力を向上してバランスを調整している模様。
 攻撃性能において、ビームによる打撃力に劣ると思われるものの、各砲門の口径を拡張して威力を向上している事から、決して攻撃能力の低下を招いているとは言い難い。また固定式ビーム砲もあるので、突撃戦による一撃離脱戦は効果的だと思われる。
 防御性能において、旧地球防衛軍の艦艇相手ならば安心はできるものの、ヤマトを始めとした艦艇相手には、おそらくは能力不足であると推測される。
 航行性能において、他のデストロイヤー艦やミサイル艦に比して、高い航行能力を有すると思われる。また加速力や機動性といった艦隊運動の高さも持ち合わせていると考えられる。

経歴

 劇中での登場は少ない。戦闘したのは初登場でもあるアステロイドベルトの戦いくらいのものである。ここにおいて、ヤマトへの決死の攻撃に参加しているものの、アステロイドシップによる防御方法を前にして無力化されている。その後の特攻では、ことごとくが小惑星に激突。または航路を狂わされての僚艦同士での衝突でほとんどが壊滅している。
 『ヤマト2』において、デスラーの基へ馳せ参じているが、第23話でデストロイヤー艦やミサイル艦とともにヤマトを袋叩きにした以外に活躍シーンは皆無である。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス ケルカピア級航宙高速巡洋艦

pixivに投稿された作品 pixivで「高速巡洋型クルーザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 775

コメント