ピクシブ百科事典

鬼頭嘉右衛門

きとうかえもん

鬼頭嘉右衛門とは、横溝正史の長編推理小説「獄門島」の登場人物である。※トップ画像下の布団で寝ている人物。
目次[非表示]

概要

鬼頭嘉右衛門とは、横溝正史の長編推理小説「獄門島」の登場人物である。

獄門島の網元・本鬼頭家の先代当主。金田一の戦友・鬼頭千万太の祖父で現在は故人。嘉右衛門の遺した遺言が事件の発端となったことから、物語の元凶ともいえる人物。

息子に与三松がいるが、放蕩三昧のあげく精神病を患い、現在は座敷牢にいる。与三松の妾・お小夜(故人)は元は流れの女役者で、息子が狂った原因と恨んでおり、よそ者のお小夜が産んだ月代たち三人の孫娘達も快く思っていなかった。
孫には、与三松と正妻(故人)の息子・千万太、与三松とお小夜の娘・月代と雪枝と花子の三人姉妹がいて、分家筋の孫には一と早苗兄妹がいる。
嘉右衛門の息子・与三松は精神病を患って当主の仕事を任せられない状態のため、孫で直系の千万太が本鬼頭の後継者で次期当主であるが、その千万太が戦争で徴兵されるなど、跡継ぎ問題で苦労していた。

よく稼いだが、よく散財もする人物で、自分流の見立て遊びを楽しむなど悪ノリもする人物であり、遊興の場には島の重鎮(千光寺の和尚了然、村長の荒木真喜平、医師の村瀬幸庵)を侍らせていた。しかし分鬼頭の当主・鬼頭儀兵衛は、罪人の流刑地と卑下されていた獄門島を近辺でも一番豊かな島にした嘉右衛門の功績は称賛するものの、嘉右衛門の享楽な面とソリが合わず、自らも分鬼頭の当主というプライドから遊興の場に出ることを断っていたために、嘉右衛門の怒りを買い、長年対立していた。

獄門島の島民は、老衰と後継者問題に悩んでいる嘉右衛門を「太閤(豊臣秀吉)」、本鬼頭をしのぐ勢いにある分鬼頭の当主・儀兵衛を「権現様(徳川家康)」、儀兵衛の妻・志保を「淀君」と彼らの関係をなぞらえていた。



物語の黒幕


以下、物語の核心部分に関するネタバレ記述あり、要注意



























嘉右衛門は若い頃から身を粉にして働いた結果、一代で獄門島を牛耳る網元となった人物で、嘉右衛門自身は自分が楽をしたくて必死に働いただけだったが、その結果、獄門島を発展させて富をもたらした。その功績はライバルである分鬼頭の当主鬼頭儀兵衛も称賛していた。

一代で莫大な富を築いた嘉右衛門だが、家族には恵まれておらず、跡継ぎ問題で長年苦労していた。本来本鬼頭を継ぐべき息子の与三松は道楽三昧の末、精神病を患い、本鬼頭を任せられる状態ではない。大事な跡継ぎである孫の千万太(与三松の息子)は戦争で徴兵されることになり、一(本鬼頭分家の男子で千万太の従弟)もいつ徴兵されていなくなるかわからない。残るのは未熟な月代、雪枝、花子の三人娘だけだった。
そして本鬼頭のライバルである分鬼頭は今では本鬼頭をしのぐ勢いにあり、分鬼頭の当主儀兵衛の妻志保は、復員軍人で居候の鵜飼章三を使い、月代たち三姉妹を篭絡している。

老いと病で余命いくばくもなく、本鬼頭の行く末を案じた嘉右衛門は、出征する千万太と一にあることを言い渡す。
いわく「もし千万太が死んで一が帰った場合、一に本鬼頭の家を継がせる。その時は相続順で邪魔になる月代たち三姉妹を殺す」
そして嘉右衛門は死の間際、了然、荒木、幸庵の三人にも同じことを伝えた上で、条件が揃った時は必ず実行するよう三姉妹の殺害方法を教え、息を引き取った。

了然たちは、千万太が戦死したことを金田一から、そして一が無事ということを一の部隊仲間の復員軍人によって知らされ、さらに戦時中供出していた釣鐘が戻ってきたことに運命を感じ(雪枝の殺害に釣鐘が必要だったため)、嘉右衛門の遺志に従って月代たち三姉妹を殺害した。

だが一の生存が「復員詐欺(死んだ戦友の家を訪ね、その人は生きて近いうちに帰ってくると家族に嘘を言って、喜んだ家族からお礼をもらったり御馳走になるという悪質な詐欺)」だと聞かされ、荒木は行方不明になり(直接的な描写はないが、罪の意識のあまりどこかで自殺したのではないかと語られている)、幸庵は発狂、了然もショック死してしまった。

了然曰く「嘉右衛門さんは女の子は五十歩百歩にしかうつっておらず、早苗のために三姉妹を殺すつもりはなかった」「千万太も一も死んだ場合は、仕方がないから月代に婿をとらせて本鬼頭を継がせるつもりだった」とのこと。
つまり、千万太も一も死んだため、本来月代たちは殺されることはなかったはずなのだが、そこに「復員詐欺」という第三者の悪意があったことで、必要のなかった凶行に及んでしまったというところに、この事件の悲劇性と後味の悪さがある。


余命いくばくもなく、自分が築き上げた本鬼頭の行く末を憂い、やるせなさと憤り故に精神的に追いつめられていたのだろうが、その結果、罪のない娘達と島を支えるべき重鎮達を悲惨な末路に追い込んでしまったことから、まさにこの作品の元凶といえる。



関連タグ

獄門島

関連記事

親記事

獄門島 ごくもんとう

兄弟記事

コメント