ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚で、食用や釣りの対象魚として人気がある。

海水魚だが汽水域にも頻繁に遡上し、かつては琵琶湖などでも釣れたと言われる。
成長につれて呼び名が変わる出世魚でもある。地方によって呼び名は異なり統一的な定義は無いが、例として関西では1~2年もの(全長20-30cm 程度まで)を「セイゴ」、2~3年目以降の魚で全長40-60cm程度までを「ハネ」、それ以上の大きさ(通常4-5年もの以降)の成熟魚を「スズキ」と呼んでいる。

釣り愛好者の間では、淡水域の外来近縁種ブラックバスに対応して「シーバス」と言う英語名の使用も一般的である。

主な料理法

身は典型的な白身魚である。
旬は夏頃が一番良いとされる。細かい鱗を持つ魚なので調理の際は「鱗を梳く」と言って皮ごと身から鱗を包丁で切り離すのが通例である。
新鮮なものは刺身(洗い)にするが、昆布〆・寿司ネタなど刺身に手を加えて味や歯ざわりを楽しめるようにした料理もよく作られる。
他に潮汁、タタキ、揚げ物、炒め物、塩焼き、煮付、鍋物など、和洋中を問わず多種多様な料理に利用される。燻製も美味である。
フランス料理でも高級食材として重宝され、カルパッチョやムニエルなどに調理されている。

ゲーム作品「どうぶつの森」シリーズでの扱い

どうぶつの森+」以降、海水魚として追加された。
出現率が極めて高い上に売却額も安価とハズレ枠であり、その上「おいでよ」以降は大型サイズの魚影に変化したことで余計にヘイトを集めるようになってしまった。

おまけに釣り上げた際の一言コメントも「またお前か〜!」と余計にハズレ色を強めているのもあって、現実のや釣りに詳しくないユーザーにスズキ=安い+バカみたいに釣れる魚という誤った知識を植え付ける要因となり風評被害を被らせた。

現実の「鈴木」姓の人への配慮の為か「あつまれ」になり、ようやく「鈴木…じゃくて鱸なのね!」と無難なものに差し替えられた。
尤も、あまりにも配慮が遅すぎたのもあり「またお前か〜!」から変更されたことに違和感を覚えるユーザーの方が圧倒的に多いのが実情である。
一応、本作ではジャスティンに3匹渡せば非売品の模型を作って貰えるため使い道は増えた。

なお「とびだせ」においては初めて釣った時に限り「初めまして、スズキさん」に変更されており、初めて釣るにもかかわらず以前から知っていたかのような口ぶりのコメントをするという点については改善された。
とはいえ2度目以降は当然の如く「またお前か〜!」となる上、現実の「鈴木」姓と結び付けるかのような初回時のコメントもあって余計に「鈴木」姓の人に対して失礼な扱いとなってしまっている感すらある。

ちなみにスズキの語源は諸説が多くほぼ断定できるものはないが、いずれもその形態から来る形容詞や海岸部における名詞がなまったものであるとされ、鈴木とは全く関係がない。

関連タグ

海水魚 釣り
シーバス 白身魚 どうぶつの森

関連記事

親記事

スズキ科 すずきか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鱸」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鱸」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37159

コメント