ピクシブ百科事典

黒のワルツ

くろのわるつ

『ファイナルファンタジー9』に登場する3人のボスキャラクター。
目次[非表示]

概要

クジャの技術によって精製された、エリート黒魔道士兵。
3人とも共通して、黒魔道士特有のとんがり帽子ローブ、鋭いツリ目や大きな翼などの特徴を持つ。
いずれもガーネットをアレクサンドリア城へ連れ戻すために放たれた刺客であり、パーティに襲い掛かってくる。

黒のワルツ1号

手に持った鈴で吹雪を起こす最初のワルツ。氷の洞窟で登場。
魔術によってジタンたち一行を眠らせるので、ひとり目を覚ましたジタンが単独で挑むことになる。
単体では大して強くないが、ジタン一人で戦わなくてはならない上、戦闘ではシリオンというモンスターを召喚して使役する。
…のだが、このシリオンの使う『津波』は敵味方問わずダメージを与える攻撃なので、彼の残りHPによってはお供のシリオンにトドメを刺されてしまうことも。


黒のワルツ2号

黒のワルツ2号


「ククククク!」という笑い声が特徴。ダリの村で登場。
ビビファイアサンダーブリザドを放つと「ファイアというものはこうして使うのだ!!」というように同じ魔法でカウンターで対抗してきて、ファイラの全体がけを放つため、初プレイ時に苦しめられたプレイヤーは多いと思われる。
ガーネットには攻撃してこないため彼女がダメージを受けることはないが、ジタン達が戦闘不能になりパーティがガーネット一人になると「催眠術」を使用し、ゲームオーバーになる。
すぐ後に登場する3号のキャラがあまりにも濃いため、どうにも影が薄いと言われがちである。


黒のワルツ3号

「我の存在理由ハ勝ち続けルことのみ!!!」


ワルツ最後の刺客。カーゴシップ、南ゲートで登場。古風な口調と、「カカカカカ!」という笑い声が特徴。
とにかくプライドが高く、執念深い性質を持つ。彼がビビと繰り広げる魔法対決は序盤の名場面であり、その後の壊れっぷりも相まって、何かとインパクトの強いキャラクターである。
3人の中では最も出番に恵まれている。(それどころか、三回もムービーに登場するあたり一部のメインキャラよりも優遇されているような…ゲフンゲフン)
また、単独でフィギュア化されるほどの高い人気を誇り、シアトリズムへの出演も果たしている。
「我の存在理由ハ勝ち続けルことのみ!!」

関連イラスト

我ノ存在理由ハ勝チ続ケル事ノミ!!!!
お菓子はこうやって貰うのだ!!


黒魔導士さんたち
Lunatic Moon(FF9)



関連タグ

ファイナルファンタジー9 黒魔道士 ビビ・オルニティア シアトリズム

外部リンク

FF用語辞典内【黒のワルツ】/FF9

pixivに投稿された作品 pixivで「黒のワルツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40826

コメント