ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:石田彰ディシディアファイナルファンタジーシリーズでの声)

概要

二つの目的(一つは与えられた使命、もう一つは自発的な野望)を果たすため、アレクサンドリアの女王・ブラネに武器商人として近付き、しばらく行動を共にしていた謎の男。
手土産にした黒魔道士だけでなく、魔法召喚獣モンスターなどに関して豊富な知識を持ち、
物語序盤の舞台である霧の大陸に大きな混乱をもたらした。
黒幕・敵勢力のエージェント的存在としてジタン達の前に立ちはだかる。

容姿

跳ねた銀色の長髪に中性的な顔が特徴の、色白な美青年。社会的には大きな邸宅を構える貴族として君臨している。

原作では頭身が低いためムービー位でしか詳しい容姿を知る事が出来なかったが、
ディシディアで頭身が高くなり、その華奢さが分かりやすくなった。
同作品発売当時に売られていたポーションの缶などをよく観ると、うっすらと割れた腹筋も確認できる。
また、その衣装の際どさから、ティーダに「その格好は寒くない?」と言われている。

ちなみに、原作で初めてブルメシアのムービーで彼の格好を見て驚愕したプレイヤーは少なくないだろう。
天野氏によるイメージイラストだとそれほど違和感ないのに・・・・・・。
しかしテラに居るジェノム達(ミコト除く)も意外と露出が多い。
もしかしたらこれぐらいがテラでは普通なのかもしれない。

ディシディアでは本来のラスボスである永遠の闇(永遠の闇は、暗闇の雲の最強武器として名前が登場)を押しのけて参戦、pixiv界隈におけるイラストの投稿増加に拍車をかけている。

性格

かなりのナルシストで、自分のことを語って自分に酔うほどの筋金入り。
ついでに自分に酔いはじめると、自身の計画の核心まで頼まなくても語り出す、少々抜けた一面もある。
(が、それによって計画に支障が出ることもなく、むしろクジャにとっては解くのが難しいであろうある封印をジタンたちが解いてくれるきっかけにもなったので、図らずも結果オーライ、むしろラッキーと言える…かも。)

また、かなり自己中心的なサディストでもある。
自分の目的を果たすためならばいかなる犠牲を払うこともためらわない、それどころかじわじわと相手をいたぶることが好きだと自ら明言するほどの狡猾さと残忍さを持つ。

自分以外の存在を見下しており、特に黒魔道士たちに対してはそれが顕著である。
また、ブラネやブルメシアのネズミ族など、自分の美意識に反するものにも強い嫌悪感を抱いている模様。

ディシディアでアルティミシアを「おばさん」呼ばわりしたことで彼女に「戦いにも礼儀がある」と注意されている。
また、ティーダに対して「君は単純でいいね」、皇帝に「僕を支配できると思うのかい?」、セシルに「君に光は似合わない」、バッツに「気楽そうで羨ましいよ」などケフカと同様相手を見下している台詞が多いが、互いの仲はあまり良くない。
先述の性格からヴァンに「邪魔なプライド、へし折ってやる!」と敵意をむき出しにされたり、プリッシュに「不安定のカタマリだな」と言われるほど。
更に同作品に参戦しているガーランドを「虫酸が走る(DFF)」「話すことなんて…何もない!(DDFF)」と敵視している(彼が嫌うガーランドは別人なのだが)。

物事をミュージカルに例える癖があり、それを台無しにされる事を嫌っている。その為、ラグナギルガメッシュの歌を好んでおらず、後者に対し「やかましくて耳障り」と不快を露わにするほど。


























※以下FF9本編ネタバレを含みます。


故郷はテラ(ジタンたちの住んでいた星・ガイアを乗っ取ろうとしていた、機械と魔法の超文明を有する老いた星)である。
同地の管理者・ガーランドによって創られたジェノムと言われる種族で、
本来ジェノムが持つはずのない魂を有しており、同じく魂を有し、また同じ使命を果たすべく創られたジタンやミコトの兄にあたる存在。

名前はジタン、ミコトと同じ「命」の意味と言われているが、ソースはミコト以外不明。
「クジャ」はサンスクリット語での「火星」だが、神話の中では「大地からうまれたもの」(そこから発展して命?)とも言われるらしい。
また、火星の赤はテラのクリスタルの色とも共通だったり、神話における火星の神は戦争の神でもあることから、その辺りも由来があると考えていいかもしれない。

ジェノムに共通する金髪と尻尾は見られないが、単に隠しているだけなので、元はジタンやミコトとそう変わらない容姿だったと思われる。
公式の資料によると、創られたときにはすでに成人の姿をしていたということだが、
そこから24年経った今も20代半ば程に見える容姿をしていることから、外見は歳を取らないと推察される。

ガーランドがジェノムを創造する技術を使い、その材料となるテラの因子をガイアの因子(霧)に替えて、ガイアの地で黒魔道士たちを創造していた。

自分より優秀なジェノムとされているジタンに対し、異常なまでの嫉妬心を抱いており、創られたばかりのジタンをガイアに捨てている。ジタンを殺さなかったのは、ジタンのいるガイアを戦乱に陥れることで、自分がジタンより優秀であることを証明しようと考えたためとガーランドは推察している。ガーランドもまたジタンのことは「クジャの犠牲の一つ」として考え、クジャが粛清されることはなかった。

自分の存在を「ジタンが育つまでのつなぎ」と軽んじるガーランドにも強い敵意を抱き、
彼に従う振りをしながら、彼を殺す準備を着々と続けていた。
また「テラの計画が実行に移されたら、テラの民の魂に自分の体を乗っ取られる」とも思っており、そこに死と同等の危機感を覚えていた。
それを回避するためにも、テラの計画を進めようとするガーランドを早々に始末する必要があると考えていた。

ブラネに協力する一方で召喚獣の存在に目をつけ、最強の召喚獣アレクサンダーを従えようとしていた。これを呼び出すためにブラネに各国の宝珠を集めさせていたが、アレクサンダーはガーランドの一撃によって崩壊させられてしまう。だがモーグリが召喚獣にトランスしたことでそこに可能性を見出し、インビンシブルに取り込まれていた魂たちを説得して自身の力へと変え、トランス・クジャとなった。

トランスすると、髪が赤くなり、ジタン同様に体の一部が獣のような毛で覆われ、
隠していた尻尾が現れる。身長も少し高くなる。
まるでどこぞの超サイヤ人4のようである。

紆余曲折を経てジタンたちを出し抜き、インビンシブルに蓄えられていた無数の魂を吸収して自身の未熟な魂では不可能だったトランス能力を獲得し、尋常ならざるその力でジタンたちを一蹴。ジタンたちとの戦いで追い詰められていたガーランドを葬り去る。

最強の力を手に入れて有頂天になっていたのもつかの間、自分の魂にも他のジェノム同様のリミッターが設けられていたこと、その刻限が差し迫っていることをガーランドから告げられたクジャは、深い絶望の末、トランス状態のまま暴走し、テラを破壊し始め、その後、テラやガイアのみならず宇宙のすべてを自分と道連れにすべく、万物の根源たるクリスタルを破壊しようとした。
それを阻止しに来たジタンたちとの闘いの果てにクジャは敗北したが、自分だけが死ぬのは許せないとして道連れにアルテマを発動。いずこかへと落下していった。
その絶望に引き寄せられて、本作のラスボス「永遠の闇」が目覚めることになる。

エンディングでは、崩壊する絶望の丘から転移魔法でジタン達を助け出し、
テレパシーで励ましの言葉を伝えたり、彼らに助けの船を向かわせるべくミコトにジタン達の居場所を教えるなど、人が変わったように協力的になる。「全てを失った」ことで「生きる」ことの大切さを知ったからだった。

そんなクジャを見捨てられず、仲間の反対を押し切って暴走するイーファの樹に一人で飛び込んだジタンと再開したクジャは、生きることの大切さ、もっと早くそのことに気づけなかったことを悔やみながら意識を失う。
直後にジタンとクジャにイーファの触手が襲い掛かってきたが、クジャをかばうようにジタンが覆いかぶさったところで映像がブラックアウトし、エンディングムービーの終盤へ移行する。

それ以降、クジャの生死については触れられないため、寿命尽きて死を迎えたと思われるが、明確な描写自体が存在しないことや、エンディングのラストの方でダガーが人混みをかき分けていく時にクジャらしき人物が映っている、ということで生存説が根強くささやかれている。

これだけのことをやったクジャだが、ガーランドの支配から解放されてなにをしたかったのかは明確になっていない。ガーランドを殺した際には「テラとガイアの支配」「永遠の王国の成立」を口にしているが、これは目的というよりは人生の楽しみという感じである。

関連イラスト

無題
無題


Requiem
センシティブな作品



関連タグ

ファイナルファンタジー9 FF9 ディシディア DDFF
ジタン ジェノム ミコト ガーランド
トランスクジャ
黒魔道士 美形悪役
アルテマ兄妹

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー9 ふぁいなるふぁんたじーないん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クジャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8969907

コメント