ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:武田航平小野賢章DDFF以降のディシディアシリーズ)

概要

年齢17歳。身長170cm。ヒュム族。

ダルマスカ王国出身。

将来、空賊になることを夢見る少年。過去に起きた流行病で両親を亡くし、唯一の身内だった実兄レックスも二年前に起きた戦争で国王殺害の罪を着せられ、拷問を受け廃人になった末にこの世を去ってしまった。天涯孤独となった後は、ラバナスタの地下街で暮らしている。

こうした経緯からアルケイディア帝国を憎んでおり、帝国の兵士をターゲットにしたスリ行為を日常的に行っている。そのことを幼馴染のパンネロにたしなめられることもしばしば。


街の顔役であったミゲロの口利きで便利屋兼コソ泥で生計を立てていたが、ある日ラバナスタ王宮の宝物庫から秘宝『女神の魔石』を盗み出す。

奇しくも同じ目的を持っていたバルフレアやフランと鉢合わせになり、直後に起きた騒乱に巻き込まれてガラムサイズ水路へと逃れた。

ガラムサイズ水路では謎の美女アマリア(実はダルマスカ王国の王女アーシェ)を救出するが捕らえられ、ナルビナ牢獄へと投獄されてしまう。

そこには国王殺害事件を首謀者であり、戦争を悪戯に長期化させた張本人であるバッシュが幽閉されており、脱獄の成り行きで救出はしたものの、兄・レックスに裏切り者の汚名と、非業の死を遂げさせる原因となった彼を強く憎悪していた。

しかし、旅を続けるうちに誠実なバッシュの人柄に触れ、また国王殺害事件の真の首謀者が双子の弟のガブラスの仕業であったことを知ったことで徐々に打ち解け、信頼するようになる。


神授の破魔石を巡る一連の事件を間近で見続けたことで次第に成長し、兄の死に囚われていた過去の自分と決別。物語終盤のアルケイディア帝国と反乱…解放軍との決戦のさなか、空中要塞バハムートへと侵入。首魁・ヴェーネスを撃破した。

クライマックスでは崩壊する空中要塞バハムートからの脱出の際にはバルフレアから(いつか返してもらう、と言い含めて)愛機シュトラールを譲り受けている。

その後は自身の夢である空賊を目指して日々を過ごしていたが、エピローグで行方不明となっていたバルフレアからの連絡を受けて喜ぶ姿が描かれている。


あっけらかんとした……と言うよりも周りの空気が読めない性格で、作中ではしばしばそうした発言を行っている。中でも「フランって何歳?」は特に有名。

しかし彼のわきまえない性格は事態を好転させることも少なくなく、特にフランの姉ヨーテや元ジャッジマスターのレダスといった「過去に囚われている人」に強く訴えかけるものがあり、しがらみや建前といったものに縛られない、飾らない姿が好かれる傾向にある。ともすれば無神経とも思えるほどに踏み込んでくる距離感のなさは、良くも悪くも彼の特徴といえるだろう。


FF12の序盤には「この物語の主人公」バルフレアを中心に、後半はアルケイディア帝国を中心にストーリーが展開してしまうため、あまり物語の趨勢に深く関わらないモブキャラのような扱いを受けている、という評価をよくされている。しかし松野泰己の物語はそもそも群像劇であり、企画段階ではバッシュが主人公の予定でありあくまでもスポットライトを当てられた主要人物「の一人」でしかなく、いわば一般人代表。そのため伝説の武器に選ばれたり、飛空艇を自由自在に乗り回すといった華々しい活躍はないものの、一般人代表なりの活躍は十分に用意されている。

ラスボス兄の仇の剣で攻撃をした際に今までラスボスから見向きもされなかった彼が、敵として認識されるのは序盤のシーンで一般人として扱われていた点と比較され主人公として一矢報いている展開である。



物語では空気と揶揄されることの多い彼だが、ゲーム的にはは主人公らしく力・体力が高くスピードが速く使いやすい前衛向けの性能をしている。また、魔力も高く回復役もこなせるため、やり込みの際には使い勝手がいいキャラ。

ゾディアックジョブシステムではだいたいなんでもこなせるが、盾役で力や魔力の高さを活かせるナイトに特に適性がある。


12の数年後にあたるFFTA2では無事に空賊になっている。


タグとしては「ヴァン」がほとんどである。

レヴァナントウィングにおけるヴァン

続編であるDSソフト『レヴァナントウィング』では、前作よりも主人公らしさに強い磨きがかかっているので、主人公らしいヴァンを見たいならばこちらをプレイしてみるのがお勧め。

もう空気なんて呼ばせない。

OPやチュートリアルの段階では、パンネロと二人で使っていた小型の飛空挺を使っていたが、潜入した遺跡の崩落に巻き込まれて飛空挺を失ってしまう。(このときはバルフレアのシュトラールに乗せてもらったことで助かっている)

その後は、ある場所で入手した古代の飛空挺ヴェイルージュを入手。それからは天空の世界に広がる舞台へ、ダウンタウンでの弟分と妹分、そして友人であるトマジを連れて新たな旅立ちへ向かう。

ちなみに、パンネロが冒険の途中で出会ったとある人物を看病する際に嫉妬するなど、前作では見せなかった一面も見せている。


DFFシリーズにおけるヴァン

ディシディアファイナルファンタジーでも参戦……かと思いきや、隠しキャラ扱いとは言えジャッジ・ガブラスに初参戦の座を奪われてしまった。

続編のディシディア デュオデシム ファイナルファンタジーにてようやく参戦が決まり、コスモス側のプレイヤーキャラクターとして登場。

12回目の戦いでライトニングらと行動していたが、クジャやイミテーション達の襲撃に遭い単独行動を余儀なくされる。その道中で出会ったティナケフカに洗脳を施されて苦しんでいる場面に遭遇する。

当時はカオスサイドの存在であったティナだが、見兼ねたヴァンが間に割り込み彼女を救出する。

この一連の流れが、ティナを次の戦いでコスモスの戦士に転生させるきっかけとなった。


オニオンナイトの事を弟のように可愛がっているようだが、当の本人からは鬱陶しがられている上に「手のかかる弟を持つと苦労する」と逆に下に見られてしまっている。

空気の読めない所は相変わらずだが、その一方で皇帝に「お前何様⁉︎」、クジャに「邪魔なプライド、へし折ってやる!」と傲慢そうな人に対して敵意を抱く描写も持ち合わせている。


宿敵であるガブラスとの接点はほとんど描かれず、それらしい描写が見られるのはフリーバトルにおけるエンカウントボイスくらいだった。

後に公式より配信されたオフィシャルクエスト「迷い込んだ空賊」にて邂逅を果たす。戦いの虚しさを説くガブラスだが、楽観的な回答を出すヴァンと幾度かの戦いを交えた末に、次元の狭間から戦場へと彼を送り返すのであった。

この時点でヴァンは元の世界の記憶のほとんどを失っているので、兄を殺された事やアルケイディア帝国などの因縁について言及される事もなかった(しかし、前述のフリーバトルでのエンカウントボイスではガブラスに「あんたは……絶対倒す!」と元の世界の記憶があるかのように言い放っている)。


戦闘におけるコンセプトは「スイッチアタッカー」。

多彩な武器を用いての戦闘を得意とするといった点においてはフリオニールと似たようなバトルスタイルだが、こちらは素手もしくは武器を持った状態で他の武器に持ち替える攻撃を行うと「スイッチ技」という特殊な上位互換技が発動するようになっている。

HP攻撃は、原作におけるミストナックの融合技を使用。これらを使った際、強制的に素手状態に戻る。

EXモードでは武器による攻撃が全て強化される。また、コマンド入力で素早く素手状態に戻れるようになる。

また、EXバーストでは原作における固有のミストナック技を披露してくれる。


声優について

オリジナルで演じた武田航平は、FFシリーズを少年時代からプレイしていたことがキッカケでオーディションを受け、縁あってヴァンを演じることとなった。

自身の演技がネタにされるレベルで低クオリティだったことに触れつつ、「ヘタクソと感じたことを言ってくれた人がいたから自分は今まで生きてこれた(向上心が生まれた)」と語っている。

なお念のため補足しておくと、後半になるにつれて格段に演技力が上がっていき、クライマックスごろには完全にヴァン=武田航平という図式が出来上がるほどに馴染んでいる。今でも熱心なファンからは武田ヴァンじゃないと、という声もなくはない。


実はヴァンのモーションアクターも担当しており、ヴァンを見た友人から「仕草がお前にそっくりで気持ち悪い」と笑われたというエピソードが残されている。


文字通り心身ともに命を吹き込んだ役であることから、ヴァンについては思い入れのある役としてあげている。


『ディシディア』に出演出来なかったのは本人の意向ではなく事務所関係の問題であり、本人はブログで何度か「もう一度ヴァンを演じたい、成長した自分を見てもらいたい」と語っている。

同時に代役としてヴァンを担当した小野賢章へ感謝の言葉も述べており、その気持ちも抱えつつそれでも「もう一度ヴァンを演じたい」という気持ちが強くあるとのこと。

ちなみにスタッフが武田航平にオファーしようとしていた事実も知らなかった模様で、交渉は事務所の段階で途切れていた様子。

公式において『ディシディア』におけるヴァンの声優は「交代」扱いであり、今後も変更されることはないとのこと。


こうした事情から今後もヴァンを演じることは難しいと言われていたが、リマスター版『FFXII TZA』では、久しぶりに武田航平氏がヴァンを演じることとなり、話題となった。念願なだけあって本人もInstagramで「またヴァンとして生きられることが嬉しい」といった趣旨のコメントしている。

ただし収録は追加分が主であり、本編ボイスは当時のものを使用している。そのため武田氏は当時とギャップをあえて感じさせない演技をしている、と語られている。


公式紹介動画「120秒でわかる『FFXII TZA』」ではパンネロから「凄い。噛まずに言えてる」とコメントされている。ある意味武田氏どころか公式のネタと化してしまったわけだが、PV内でも十分成長を感じられる瞬間であった。


関連イラスト

/オイヨイヨ!\

FF12・FF12RW


3rd

FFTA2


空賊がデビューよ!

DDFF


関連タグ

個別

ファイナルファンタジー12 FF12 FF12RW FFTA2 DDFF デュオデシム 主人公(笑)

関連キャラクター

バルフレア パンネロ フラン バッシュ・フォン・ローゼンバーグ アーシェ・バナルガン・ダルマスカ

カップリング

ヴァンネロ

前後のナンバリング作の主人公

←11.ヴァナ・ディールの冒険者12.ヴァン→13.ライトニング

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー12 ふぁいなるふぁんたじーとぅえるぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19584

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました