ピクシブ百科事典

レックス

れっくす

レックスとはラテン語で「王」を意味する言葉である。人名・名称などに使われる。
目次[非表示]

レックス (Rex, Rexx, Lex)とは

  1. ラテン語で「」のこと(ラテン語では「レクス」と読む)。
  2. 人名。愛称はレイ(Rei)、ロイ(Roi)など。女性形はレジナ / レジーナ(Regina)。 pixivでは人名として扱われる事がほとんどである。

「レックス」という名の人物

実在の人物


架空のキャラクター

人名以外


スバル レックス

スバルレックス スーパーチャージャー


1973年富士重工業が発売した軽乗用車・乗用形商用車。

スバルの軽乗用車と言うとスバル360以来キテレツな形のクルマばかりだが、レックスはその合間でオーソドックスなデザインと構成を持つ、良く言えば落ち着いた、悪く言えば没個性的なクルマだった。

初代こそ前年発売のレオーネとイメージを共有するやや癖のあるデザインだが、冒険的とは言えず、2代目、3代目に至っては、ライバルのアルトミラ同様の横置きFFコンポーネントの平凡なデザインであった。

しかしながら、内面には確実にスバル・スピリットの血が流れていた。頑丈で壊れにくく、特に「軽の5ドアは後席の蝶番が弱くボディの痛みが早い」と言われる中、レックスだけは例外視されていた。

この為、物品税課税なし・任意保険低額・2年車検というメリットを生かした軽ボンネットバン全盛期にありながら、レックスは5ドアセダンSXばかりが売れていた。このあたりやっぱりスバルである

なお、1981年発売の2代目から、3代目550cc最終形までのボンネットバンの商標は「レックス・コンビ」である。

1989年に、550cc化・昭和53年排ガス規制実施以降では初となる軽4気筒エンジン採用のエポックを打ち立てる。1992年、660cc化。このエンジンこそが、約20年に渡ってスバル軽の主力エンジンとなるEN07型である。

当時、業界自主規制枠64ps(550cc時代は61ps)を発生する軽スポーツは、他社ではターボを採用していたが、スバルは3代目レックスからルーツブロア式スーパーチャージャーに変更した。ターボの他社はターボによる排気抵抗増大を改善する為DOHC化を行っていたが、レックスVXはSOHCでありながら同等のパフォーマンスを発揮した。ただ、「DOHCである」と言うことがマーケティング上の宣伝にもなる為、この点では不利だった。

後継のヴィヴィオの強烈さもあり、レックスは印象に残らない、残っていない車である。だが、歴代スバル軽乗用車の中で、同一商標のまま2回ものフルモデルチェンジを受けたのもまたレックスのみである。スバルの縁の下の力持ちであった。
キラ星のごとき名車ではない。いわば偉大なる凡作であった。

1994年生産終了。僅かに平成にはみ出すものの、高度成長期とその弊害による排ガス規制、それに伴う2度の規格変更と、「激動の昭和」を象徴し、そしてその終わりと共に走り去って行った。

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

pixivに投稿された作品 pixivで「レックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2306090

コメント