ピクシブ百科事典

002(ダリフラ)

ぜろぜろに

002とは、アニメ作品「ダーリン・イン・ザ・フランキス」に登場するキャラである。

概要

頭に二本の角、緑色の瞳に赤い肌を持っている幼子。【002(ぜろ ぜろ に)】と囚人番号のように書かれた足かせをはめられている。


【ラボ】と呼ばれる場所に連れて来られ、外には出られないが食事を始めとした生活に困ることはない日々を送る(身体能力が高いため、拘束具を付けて)。


母から「まものと王子様」というタイトルの絵本を貰い以後それを【宝物】として大事にし、
『外の世界には、とても綺麗なものがたくさんある』と信じ続けた。

ある日、ラボの大人達に部屋に連れて行かれる。そこで身ぐるみを剥がされ、ベッドの上で拘束され、身体にショックを与えられたり、自身の手に穴を開けられるという酷い仕打ちを受け続けるのであった・・・。(瞬時に傷が修復されるという再生能力に助けられるが、再生してもまた痛めつけられることになる)

虐待にも似た行為が続く日々を支えてくれたのは、宝物。 ページをめくる度に出てくる美しい絵はいつ見ても心を潤してくれており肌身離すことはなかった。


関連タグ


ダーリン・イン・ザ・フランキス











































【これより先、この人物の運命を変える内容が記載されているため閲覧には注意されたし】


















































時間が経過し、雪が降ったある日のこと 一人の男の子が自分を部屋から連れ出してくれた。


男の子が自分の足かせに刻まれた数字をみて【002(ぜろぜろに)】ではなく【002(ぜろつー)】という名前をくれた(この名前を付けた男の子曰く『うーん・・・もっといい名前を考えつけばよかったなぁ・・・』と悔いていた) 気に入ったようで上手く発音はできなかったが、この名を呼んで覚えた模様)
名づけ親の男の子と共に雪に囲まれた世界を見て回る、川やそこに住む魚、樹木やそれになっていた木の実、小さいながら雪で作った「ゆきだるま」・・・新しいものだらけの世界は一番楽しい時間をくれた。

暫くして、空腹に襲われてしまうが 男の子から食べ物を貰い口にする。 その食べ物は、宝石のように透明で美しい色を持っていて ラボにいた頃に食べていた米や辛い調味料の味ではなく 今までにない甘い味。 思わず狂喜乱舞し、今までにない喜びに満たされた表情を浮かべていた。

その御礼なのか、自分の宝物である絵本を見せる。(ここで初めて宝物の名前が解り、頑張って「エ ホン」と喋った。)
自身は文字が上手に読めないので読んでほしいと彼に頼み、大人達の追手から逃れながら読んでもらっていた。

道中、怪我をしてしまう。 男の子が応急処置を施してくれたこと その行動を絵本の王子様と重ね男の子の【優しさ】と【かけてくれた言葉】に思わず涙してしまった。

大人達が自身を捕まえに来たことを知ると、彼は自身を助けるために立ち向かうが奮闘空しく負傷してしまう。

彼の中に流れる血液の色と自身の中に流れている血液の色が異なっていることを目の当たりに気づく



『私とこの子は、別の生き物なんだ』と・・・。



そして幼いながらに『どんな手段を用いてでも人間になってみせる。彼と同じになれば、ずっと一緒にいられるはずだから・・・!』誓った。

ラボに連れて行かれ、記憶を消されてしまって別の場所に行ったとしても 姿形は目指していたものの姿に近づいていった・・・


その日々は、とても長く苦しい旅路で 飢えや乾きに苦しめられながらも 【男の子】と【交わした約束】を忘れないように何度も思い出していた。


その正体は、001のクローン。
9'sのメンバーたちは皆ゼロツーのクローンである。

ちなみに

  • 最初は002→02→02(おに)というのも考えられていたらしいが、後発の名前になった。

  • 最初に覚えた言葉は一人称を意味する「ボク」、二つ目は名前の「ゼロツー」、三つ目は「■■■■」

pixivに投稿された作品 pixivで「002(ダリフラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125442

コメント