ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Amnesia:_A_Machine_for_Pigs

あむねじああましんふぉあぴっぐす

Amnesia: A Machine for Pigsとは、The Chinese Roomによって開発されたサバイバルホラーアドベンチャーゲームである。
目次 [非表示]

概要編集

Dear Estherなどで知られるThe Chinese Roomによって開発されたサバイバルホラーアドベンチャーゲーム。発売元はFrictional Games。

2013年9月10日にSteamにて配信が開始された。

2021年現在、有志による日本語化modなどは出ていないが、日本語訳そのものは公開されている。


本作は前作Amnesia:_The_Dark_Descentの間接的な続編となっている。前作と同じ世界を舞台としながらも、登場人物や時間設定が変更されている。


物語の舞台は19世紀のイギリス・ロンドン。実業家であるオズワルド・マンダスは、消えた彼の息子たちを追い、巨大な『機械』で構成された自宅の地下に潜入していく。


本作では、前作であったSAN値システムやランタン(懐中電灯)の使用制限がなくなっている。

また、インベントリ画面が削除された事で謎解きも簡易化し、よりストーリー性が重視された作品となっている。

2020年10月20日に続編の『Amnesia:_Rebirth』が発売された。


ストーリー編集

(あらすじ)時は1899年。裕福な実業家であるオズワルド・マンダスは、発熱に苦しみ、暗くて地獄のようなエンジンの夢に悩まされながら、ベッドの上で目を覚ました。悲惨なメキシコ遠征の幻影に苦しめられ、産業ユートピアの失敗した夢に打ちひしがれ、罪悪感と熱帯病に苛まれながら、彼は悪夢の中で目覚める。家の中は静まり返り、地面は地獄のような機械の意思で揺れている。彼が知っているのは、子供たちが重大な危機に瀕しており、彼らを救うのは自分にかかっているということだけだ。 ー公式Steamストアページより翻訳


主な登場人物編集

  • オズワルド・マンダス

本作の主人公。裕福な実業家。彼の息子たちを溺愛している。


  • 子どもたち

兄がエドウィン・マンダス、弟がイーノック・マンダス。マンダスが目を覚ますと、彼らの姿が消えていた。


  • 謎の男

電話でマンダスに語りかけてくる謎の男。その正体は謎に包まれている。


  • クリーチャー

地下空間で見ることができるクリーチャーと人間を掛け合わせたような姿をしている。マンダスを見るや否や襲いかかってくるものが多いが、中には怯えたように体を縮こまらせているものもいる。


関連タグ編集

Amnesia:_The_Dark_Descent:前作

ホラーゲーム

19世紀

産業革命

SOMA:同開発によるホラーゲーム


外部リンク編集

関連記事

親記事

Amnesia:_The_Dark_Descent あむねじあざだーくでぃせんと

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました