ピクシブ百科事典

Be-200

びぇーつーつぁち

「Be-200」はロシアの航空機メーカーであるベリエフ設計局が開発し、イルクートが生産する消火・捜索・救難・輸送・旅客用途向け多目的水陸両用飛行艇。愛称は『アルタイル】(イラストはBe-200の原型機である『A-40 アリバトロース』多目的水陸両用飛行艇)。

概要

ソビエト連邦体制下のロシアにて、ベリエフ設計局が1989年に開発を開始した、消防、救難、哨戒、輸送、旅客などに従事するための多目的飛行艇。資金難のため生産はイルクートに委託された。
同局のBe-40を原型としつつ、民間での利便性向上のために大幅に小型化した機体であり、愛称のアルタイルはBe-40の愛称『アルバトロス』への敬意も込められている。

機内は与圧されており、旅客運用では最大72名が搭乗、救急飛行艇としては30名分の担架と7名分の座席
と医療機器が使用できる。夜間捜索救難のためにサーチライトや熱工学監視装置などのオプションもある。
消防飛行機としては地上で給水するほか、離陸速度の90~95%で水上を滑走しつつ給水することも可能。14秒で12tの水を回収できる。給水装置開発に当たってはBe-12チャイカの改造機が使われた。

ロシア各地で火災対応に用いられたほか、複数の国にリースされ活躍している。

  • 【多目的水陸両用飛行艇『ベリーエフ Be-200』(D-436TPターボファンエンジン×2基搭載)】

運用者

関連記事

親記事

飛行艇 ひこうてい

兄弟記事

コメント