2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

DT200WR

でぃーてぃーにひゃくだぶるあーる

ヤマハ発動機が発売していたオフロードバイク。

概要

ヤマハ発動機が1991年に発売したオフロードバイク。
DT200Rの後継にあたり、歴代DTシリーズで最も尖っていたモデルである。

エンジンは水冷2ストロークで35馬力を発生。
DTシリーズでは初となる倒立式フロントフォークや、鋭いスロットルレスポンスを実現する3倍速YPVSを装備。
軽量化のためにバッテリーレスとし、乾燥重量は107kgを達成。
外見はレーサーマシンYZ125と瓜二つで、実際に幾つかの部品をYZ125と共用していた。
シート高は895mmと非常に高い(セローより85mmも高い)が、スペック競争全盛期の当時としては珍しい数値ではなかった。

排気量200ccとフルサイズには及ばないものの、軽さとハンドリングを武器にライバルを圧倒し、当時のエンデューロレースで大活躍した。
翌年、スズキからは更に過激なRMX250Sが登場。
エンデューロにおいて人気を二分した後、1994年モデルをもって生産終了した。

後継モデルはDT230ランツァだが、こちらは乗りやすさを重視するために性格をマイルドに転換しているため、エンデューロでは引き続きDT200WRが使われ続けた。

関連タグ

ヤマハ発動機 YAMAHA バイク ランツァ

関連記事

親記事

ヤマハ発動機 やまははつどうき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「DT200WR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました