ピクシブ百科事典

G線上の魔王

じーせんじょうのまおう

あかべぇそふとつぅ作のアダルトゲーム。
目次[非表示]

G線上の魔王とは、あかべぇそふとつぅ制作のアダルトゲームである。

概要

2008年5月29日発売。あかべぇそふとつぅの9作目の作品である。

車輪の国、向日葵の少女』を担当したるーすぼーい(シナリオ)と有葉(原画)が本作に携わっている。

美少女ゲームアワード2008にて大賞を受賞した。

2010年8月26日にマイルストーンから発売されたWiiの格闘ゲーム『トウィンクル クイーン』に本作のキャラが3人出演している。

ストーリー

――命をかけた、純愛――


真冬。粉雪の舞う大都市に“魔王”が出没した。
望みは、無論、人間社会の崩壊である。

主人公・浅井京介は、学園に通うかたわら、養父のビジネスを手伝って、存外な大金を動かしていた。
倣岸な養父に影響を受けた彼は、才能を余すところなく発揮して、ついには有名企業のブレインとしての顔を持つようになっていた。
けれど、彼は普段はクラシックを愛するひょうきんで明るい青年である。
クラスメイトの椿姫と義理の妹の花音、親友の栄一に囲まれながら、楽しい学園生活を送っている。

そんな京介の平凡な日常にも、危機が迫っていた。
花音の出場するフィギュアスケートの全国大会が脅迫され、椿姫はずっと守ってきた家から立ち退きを迫られる。
学園は謎の集団が人質を取って立て篭り、市内でも富裕層の子供たちが次々と失踪していく。
一連の事件はすべて、地下都市を根城とする“魔王”の仕業だという。

そんなとき、一人の少女が訪ねてくる。
少女は、正体不明の“魔王”をあぶりだすべく、頭脳を駆使した心理戦をしかけていった。
流れるような長髪の美少女、宇佐美 ハル。
彼女こそが、京介の忌まわしき少年時代を、ともに戦ってくれた“勇者”だった。

十年ぶりの再会――
いま、命をかけた純愛ドラマの幕が上がる――

関連イラスト

宇佐美ハル



関連タグ

関連記事

親記事

あかべぇそふとつぅ あかべぇそふとつぅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「G線上の魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197411

コメント