ピクシブ百科事典

Hotel337

ほてるすりーはんどれっとさーてぃせぶん

Team Hotel337 Staffによる現在開発中のフリーゲーム。RPGツクールMV製。正式名称は『The Hotel 337』
目次[非表示]

概要

Team Hotel337 Staffによる現在開発中のフリーゲーム。
2017年1月7日にRPGアツマールにて物語の序盤がプレイできるデモ版が公開。
その後、同じくRPGアツマールにて同年12月24日にα版が公開。
今後、β版なども公開予定。

正式名称は『The Hotel 337』であるが、Pixiv内でのタグ使用率はTheを省いたものの方が高い。

ジャンルはホラーコメディ。
キャラチップ、顔グラは勿論マップチップやBGMなど全ての素材が自作のものであり
とても作りこまれている。ちなみに、作画は全てドット絵である。
登場人物は、主人公以外全員人間以外の種族の生物となっており、
彼らたちは人間とほぼ同様の姿をしている者もいれば、
それとは逆に人間とはかなりかけ離れた人外度が高い者もおり
とても個性豊かである。

また、2017年10月8日に開催されたドット絵のイベント「Pixel Art Park 4」に、
ブース参加をしていて、そのイベント内で缶バッジやネックレスといったグッズが販売され
又3種類のミニゲームの試遊もできた。
そのミニゲームは、少し改変したもの(旧ハロウィン版)が
2017年10月30日にデモ版、α版と同じRPGアツマールにて公開された。
(現在は非公開となっている)

本作品の創作グループに所属しているメンバーの一部がこれとは別に開発をしている
フリーゲーム「ゴーストホスピタル」とは世界観が完全に一致しており、又本作品の登場人物である
主人公(リーノ)、ニコレッタ、デイヴ、テレーザがゲスト出演をしていたり
本作品の舞台でありタイトルにもなっている「Hotel337」を思わせる廃ホテルに
関する情報があったりとだいぶ関連性がある。
・・・そして遂に、2018年のエイプリルフール企画にてゴーストホスピタルの主人公である
リッパーとその友人たちがHotel337に訪れ、そこをニコレッタとデイヴが彼らに
いたずらを仕掛けるという話が展開され又絵柄が本家ゴーストホスピタルと同じく
手書き風になっておりデイヴ、ニコレッタ、ラルの手書き風歩行グラ&顔グラ、
アドリアーネ&レオナルドの手書き風歩行グラが公開された。
それらは一部がアイコンなどに使用可のフリー素材として配布され、
更にツクールMVを持っている者はプラグインを導入すればゲーム素材としても使用できる。

ちなみにそのちょうど1年前の2017年エイプリルフール企画では、
学園内にてミラー、ラル、レオナルドのことを恋愛対象として攻略のできる乙女ゲーム
「School337」が展開され、そこでは普段見られないようなキャラクターたちの姿を
見ることができ・・・

あらすじ

「死んだ人間をよみがえらせる魔女がいる」噂を聞き付けてやってきた主人公。
そこに待っていたのは不思議な能力を使う者たち・・・。
はたして主人公はねがいを叶え生きて帰れるのか。

(PAP4にて無料配布されたフライヤーのあらすじから引用)

システム

現在、判明しているもののみ記述。

スキル

主人公がストーリー中に得られる特殊能力のこと。
HPに公開されているシルエット数から、11種類の模様。
また、これらのスキルを使用すると、容姿がかわる。

マナーゲージ

本編の途中から表示されるゲージ。
主人公のホテル内での行動によって左右される模様

eyephone

鏡に閉じ込められてしまい外からでられない発明家である男性の「ミラー」が
主人公に託す魔界での端末を改造した品物。俗にいう、メニュー欄のようなもの。
上記に記載したスキルを発動できたりする。 

登場人物


主人公陣営


主人公


登場作品:デモ版、α版、PAP版ミニゲーム集、ネット公開版ミニゲーム集、2017年エイプリルフール企画、ゴーストホスピタル

丸メガネをかけているショートヘアーの金髪で黒目をしている15歳の少年。
修道服のようなものを着用している。
身長は大分低めで、現在公開されている登場人物の中では2番目、
特に男性キャラの中では1番背が低い。
ゲームを始めるときに名前を自由に変更できる。
ただ、その時名前を本作品にでてくる他の登場人物と同じものにすると・・・?
デフォルトネームは「リーノ(・ビアンコ)」
本編では一切セリフがなく、モノローグのみ。
種族は人間であるが、どうやらラルの手によって人間の幽霊と
なった模様で時間が経てば消滅してしまうらしい・・・
又、システム欄にも記載したスキルを使用することで外見が大幅に変化し
特殊能力が使えるようになる。
「死んだ人間をよみがえらせる魔女がいる」という噂を聞き、
Hotel337を訪れるが・・・?
概要欄にもかいてあるとおり「ゴーストホスピタル」にも
ゲスト出演しており、その作品のヒロインに当たる人物を操作時に一定の確率で
とある廃ホテル行きのバス停のところに設置されているベンチに読書をしながら座っている。
2017年エイプリルフール企画ではなんと片三つ編みの女子高生姿で登場し、その姿で
男子高生の姿をしたラルに壁ドンをされる・・・


ミラー


「ええ??人??人間かい!? ああ、神はまだボクを見捨ててなかったんだね!!」

登場作品:α版、PAP版ミニゲーム集(姿のみ)、ネット公開版ミニゲーム集、2017年エイプリルフール企画

鏡の中に閉じ込められているショートヘアーの白髪で赤目の美系な男性。年齢不詳。
女性キャラほどではないが、他の男性キャラと比べると大きい瞳をしているなど若干童顔な
顔立ちをしている。しかし、中身は紳士的でしっかり者で優しい性格。
鏡に閉じ込められているところ以外は完全に外見が人間の男性そのものであり
主人公陣営についているとはいえ、彼もまた他の登場人物と同じく魔物であるらしく
魔界や舞台であるhotel337について詳しく、主人公にいろいろと教えてくれる。
口調は紳士ぽさのある中性口調で、又「!」や「☆」マークが語尾につくことが多く
おちゃめな若者イメージが強い。
赤色のネクタイを付けており、紺色のジャケット、黒色のベスト、ワイン色のセーター
を着用している。
身長は主人公より少しだけ高めとこちらも大分低め。
又、発明家の卵であり彼自身による魔界での端末の改造品
「eyePhone」を主人公に託し、その端末を利用して主人公のことを
全面的にサポートする。
2017年エイプリルフール企画では、男子高生の姿で登場し
「君のアドレス知りたいな」と尋ねてくる。


ナニー家


物語の舞台であるHotel337は人間界と魔界の境界に立つ摩訶不思議な魔物のお屋敷であり、
13人にも及ぶ兄弟+両親で構成されている魔物の一族「ナニー家」
が住んでいて、物語は主人公と彼らの間での出来事により進んでいく。
勿論、ホテルである為普通の宿泊客もたくさんいるが人間の宿泊客はゼロ。
又、侵入者に対しては寛容なのに対し逃亡者に対してはなかなかに厳しく
不法滞在防止の為に許可なく侵入したものを阻む強力な結界が張られており、
外に出るには、結界を司る電源スイッチを解除しなければならない。
また、ナニー家は全員、肌色や顔立ちなど見た目がバラバラであり
それぞれが異なる特殊能力を使うことができる。
(ただ今現在、どんな能力かが判明しているのはラルとネイサンのみ)
現在公開されているのは母親と13人兄弟の中の8人であり、
本記事ではその現在公開されている人物のみ記載する。

ニコレッタ・ナニー


「うしろからグサッってさされないように気をつけたほうがいいよ☆」

登場作品:デモ版、α版、PAP版ミニゲーム集、ネット公開版ミニゲーム集、2018年エイプリルフール企画、ゴーストホスピタル

肌がピンク色でその肌色よりも濃いピンクのショートヘアーの髪をしている
ピンクと水色の瞳の12歳の少女。
愛称は「ニコ」であり、家族からもそう呼ばれており又彼女自身の一人称にも
つかわれることもある。(基本はあたし)
右目が半目になっている状態で描かれることが多い。
口調は元気な中性口調で他の同年代の女の子と同じ様な口調である。
水色の左側の耳が小さいウサ耳カチューシャを付けており、水色のシャツの上に
髪と同じ色のワンピースを着用している。また手首に水色のリストバンドを付けており、
水色と紫のレギンスを着用している。
今の所最年少ということもあり、全登場人物の中で1番背が低い。
うさぎ歯でいつもキャハハと笑っている、無邪気で人懐っこい性格。
いつも色鉛筆やクレヨンを持参しており、それらを使って色々な所に落書きをしているため
よく清掃員に怒られている。
α版では、彼女自身が
この先にある喫茶店に用事があるからという理由で、一緒に行動することになり
出番が大分多く、又公式イラストなどでも彼女がよく描かれていることが多かったりと
本作品のヒロイン的存在。
ただし、α版冒頭の夕食シーンにて主人公のことを包帯巻きにしてグルグルにしちゃおうよ
と発言していたり、一緒に行動をし始める時も一番上に書いてある通り後ろからグサっと
刺されないように気をつけた方がいいよと発言をすることから何かを企んでいることは
明らかである。
母であるテレーザのことを「ママ」と呼び、兄弟のことは今のところ判明しているものを
あげるとデイヴ、ラルのことは「兄」、「にぃ」をつけて呼んでいる。
ただレオナルドに対してだけはそれをつけずただ単に「レオナルド」と呼んだり
「レオ」と愛称で呼んでいる。
兄であるラルのことが大好きで彼の前ではいつもデレていて、抱きついていたりする。
また他にも別の兄であるデイヴとも、仲の良い兄弟らしく会話をしている。
逆にレオナルドに対してだけはなぜか暴力的でいつもおちょくっている。
彼女も同じく、上記に書いた「ゴーストホスピタル」にゲスト出演しており
兄の一人であるデイヴと母親であるテレーザと共にタイトルにもなっている
「ゴーストホスピタル」に訪れており、そこでデイヴがメタボリックシンドローム予備軍
という診断を受けられているところを笑っている。
2018年のエイプリルフール企画では、先述した通り兄のデイヴと共にリッパー達にいたずらを
仕掛けようと企んでおりそこで当作品のα版でもやろうと企んでいる包帯巻きをすることにし、
又レオナルドのことをリッパーに対し「ポンコツ科学研究者兄」と呼び更に
「馬鹿だから触らない方がいいよ」と助言をしてくるなど中々にディスっている。


ラル・ナニー


「お前はとても不運だ。 同情しよう・・・」

登場作品:デモ版、α版、PAP版ミニゲーム集、ネット公開版ミニゲーム集、2017年エイプリルフール企画、2018年エイプリルフール企画

若干灰色がかかっている水色の肌に青いショートヘアーの髪をしている水色の瞳の17歳の少年。
ワイン色のネクタイを付けており、薄い灰色のシャツに濃い灰色のベストと
アームカバーとズボンを着用している。
口調は淡々とした男性口調で、ほぼ記号を使わずクールな印象をもつ。
背はちょうど平均的。
氷でできた剣を無限に投げつける、一瞬で結晶を地面に作り出すなどといった氷の魔法を
使うことができる。
あまり表情を表にださないクールな性格でしっかり者。
ただ内心では家族のことをとても大切に思っており、特に妹の一人であるニコレッタのことを
大切にしている。また、母親であるテレーザに対しては常に敬語で話している。
家族のことは、自分より上下問わず呼び捨てで呼んでいるらしく兄のデイヴのことを
普通に「デイヴ」と呼んでいる。
ホテルの雑用はほぼ彼一人でこなしており、特に
彼の作った料理に関しては専属のシェフ顔負けレベルにおいしいらしい。(実際、ミニゲーム
集にて恐らく家族の中で一番いつも彼の料理を食べているであろうデイヴから称賛されている)
また、ホテル内にてアイスバーを経営している。常連客(というかいつも居据わっている)は
彼の一つ上の兄であるデイヴ。
なぜか主人公に対して、デモ版、α版ともに
上記の氷の剣を投げつける魔法を利用し、主人公を凍らせて捕えようとする。
又、ミニゲーム集でもこれと同じ彼の氷の剣から逃げるミニゲームが収録されている。
しかし、デモ版ではこの際彼の氷の剣に当たってしまうとゲームオーバーになって
しまうがα版ではもし当たってしまっても同情してくれ、
最終的にはミラーが閉じ込められている物置まで運ばされる。
(もし、一切剣に当たらず逃げ切れたとしても既に玄関には結界が張られており脱出できず
結局は捕まえられてしまい物置に運ばされる)
他にもこの自分自身が主人公に対しやった行為について
「いいことをしているとは思ってないが、家族のためなんだ」と述べている。
他にも彼に何回か話しかけると彼からキャンディとカクテルをもらえる。
だがしかし、この発言は完全にこちら側が悪いとはいえ、後に撤回される。
2017年のエイプリルフール企画では、先述したとおり男子高生の姿で登場し
女体化した主人公のことを壁ドンする。
更に2018年のエイプリルフール企画では、本作品で主人公に対しやったのと同じく
リッパー達のことを魔法を使い捕える。しかし、そこで「お前ら多くて収集
つかないから病院へ帰れ!」というメタ発言をする。


デイヴ・ナニー


「まあ、このデイヴさま受けて立つんだけどな」

登場作品:デモ版、α版、PAP版ミニゲーム集、ネット公開版ミニゲーム集、2018年エイプリルフール企画、ゴーストホスピタル

水色の肌をした18歳の少年。髪は生えていない。(生やしたら金髪になるらしく又
、没になった案ではモヒカンだったらしい)
その為輪郭が水色の球体そのものとなっており又
瞳は俗に言う黒白目であり瞳孔は黄色、その中にまた小さい黒い瞳孔という風になっており、
眉は常に八の字(俗に言う困り眉。初期では眉毛が描かれていないことが多い)、
鼻は他の登場人物と比べると大分しっかりとかれていることが多い。
口の中は黒色で、舌は人間と同じ色をしている。ただ、よだれは口の中の色と同じく黒。
歯は、顔グラでは上下両方、それ以外では上の歯のみ描かれることが殆どである、
(ちなみに一枚だけ歯の描写がない彼の公式イラストがある。)
と大分特徴的な外見をしている。
あと、彼の顔グラには全てうっすらと頬が描写されている。
服装は常に耳あて部分の外側部分と頭のてっぺん部分が黄色となっている青色のヘッドフォンを身につけており、首元(フードを被った状態だと顔周り)と手首と腰まわりが黄色になっている青いフードと暗い茶色のズボンを着用している。
靴は黒をベースに部分部分が白色のものをベロを露出させた状態ではいている。
ちなみにヘッドフォンはただ単におしゃれで付けており音楽は流れてないらしい。
身長は低身長キャラの中では一番高いが、それでも全体で比べるとやはり低めで
一つ下の弟であるラルの方が高い。
よく虫歯になっているらしく、実際上の歯が一本金歯になっている。
口調は、ラルの口調を元気にしたようなノリの良い男性口調。
又、どうやら兄弟のことは自分より上下関わらず呼び捨てor愛称で呼んでいる。
食べることとゲームをすることが大好きなぽっちゃり体系の男の子であり、
おすすめの食べ物はフルーツヨーグルトアイスクリームとのこと。
実際、他の登場人物の歩行グラと比べると若干横にでかかったり、横を向いた
姿の歩行グラではお腹がぽっこりしているのが確認でき、又Twitterにて、
100kgはあると思うと言及された。
その自分の体系に対して本人は
「おいおい、このスマートさが理解できないってかい?」と述べている。
しかし、α版で主人公の名前をデイヴと設定したときのセリフ
を見る限りは自分自身がこのような体系であることを認めてはいる模様。
又、上記にも書いたとおり「ゴーストホスピタル」にて妹のニコレッタと母親のテレーザと共に
ゴーストホスピタルに訪れており、そこでメタボリックシンドローム予備軍と正式に診断
される。だがそれに対し「食欲を抑える薬とかねえのか?」と尋ねているところから
一応は治す気があることが分かる。
ちなみに、ゴーストホスピタルの方に登場するデイヴと同じぽっちゃり体系の少年
はデイヴを基に生み出された。
(デイヴ(Dave)という名前は略称であり、略さないで表すと・・・)
デモ版・α版の冒頭の夕食時のシーンにて彼一人だけがガツガツと食べていたり、ミニゲーム集にて
ラル特製の料理に対して「やらないぞ」と言っていたり、α版では夕食後にも関わらずラルのアイスバーにて改めて食事をとっていたりと大分大食いかつ食い意地が強いことが確認できる。
普段は殆ど歩かず、ラルの経営するアイスバーでいつも何かを食べている日々を
過ごしている。
その為、ラルとは一緒にいる時間が大分長いらしくお互いに呼び捨てでよびあっている。
他にもニコレッタとは、仲の良い兄妹らしく会話をしていたり上記に書いたとおり
「デイヴ兄」「ニコ」と呼びあっている。
ちなみに、歩く時は猫背で歩いている。
性格はガキ大将でありながらもいじられっ子と言及されている。
人間に関して大分興味津津であり、
α版にて「もしここ(魔界)に人間が侵入してきたらどうする?」
とても嬉しそうな顔で発言したり、実際人間である主人公と対面できたときには
初対面にも関わらず連絡先を渡し、
「暇があったら見に行くから、面白そうなことがあったら絶対に教えてくれ」
と言ってくる。
又、ナルシストな一面もありよく自分のことを「デイヴ様」と呼び
更に家族の中で自分だけが怪しい成分がたくさん含まれている
レオナルドの特製ドリンクの抗体を持っていることを誇りに思っていて、
主人公が彼にレオナルド特製の薬を飲ませようとしたところを
自信満々に受けいれ、その後3杯飲んでも
平気な自分自身のことを「さすが最強」と称し、すごく嬉しそうな顔をしながら
「完全勝利だな」と言う。だがしかし・・・
ただ人間には害があるものだということは分かっているらしく、
レオナルドが主人公(?)に対し自分の特性ドリンクを
飲ませようとしていたところをデモ版では「流石に可哀想」、α版では
「死んじゃうんじゃないか」と止めてくれている。
他にも表情が他の登場人物と比べるととても豊かで、
特に驚き顔と泣き顔はギャグ漫画並のオーバーリアクションをとっている。
しかしミニゲーム集では
ミニゲーム集の名前あてクイズにてもし彼の名前を「デイ」と
間違えてしまっても「人の名前は間違えるもんじゃないぜ」と優しく指摘して
くれたり、彼に向かって彼自身の体型を指す俗語を言ったりしてしまっても主人公に対してキレたりしないなど、他作品の彼と比べるとかなり大人びている。
 

・・・と、ここまでの説明を読めば
大人びているところもある明るく人柄がよくムードメーカーな存在である人物だと感じられるが
2017年の4月に彼の顔グラ集
が公開され、その中にとても彼らしさのあるはらぺこ顔やうんざり顔、上記に書いた
大分オーバーリアクションな驚き顔と泣き顔がある中、右下に配置されているもののみ
そんな彼の表情(というよりかは、今までで明らかにされていた彼の性格など)とは
明らかに印象の異なる、パーカーのフードを深く被り右目と口以外の顔部分が真っ黒に
塗りつぶされている状態でニヤッと不気味に笑う彼の表情が公開され、
それが公開されたのを境に
同年7月に公式HPにて配布が開始されたフリーアイコン
10月に開催されたPAP4にて配布されたフライヤー
これはリクエストによるものだが
12月に行われた本作品開発グループのリーダーの方によるアイコン企画
にて同じ様な表情をしたフードを被った彼が登場しており、
最近はホラー風味に描かれることが大分多くどうやら色々と奥が深いキャラであることが
確認できる・・・
だがしかし、この状態の彼は今のところは一切ゲーム本編には登場しておらずセリフなどは
一つも公開されていないため詳細は今のところ不明である・・・
といった状況が長く続いたが、2018年のエイプリルフール企画にてフードを被った状態で
登場しそこで先述した通り、ニコレッタが主人公のことをぐるぐる巻きにしようと企んだ
ところを初めてこの状態で登場した時の表情に左目を付け足したのと同じような表情をして賛成、
更に上記に書いた彼を基に生み出されたゴーストホスピタルの登場人物に対し
「お前キャラ被ってんだよ!」とメタ発言をし、通常姿での泣き顔に似た表情をしながら
「腹が減って死にそう・・・」とぶっ倒れる
シーンなども登場した。他にも別ツイートにてα版でも見かけられた彼の一人称である「デイヴ様」
を使用しているところが確認でき、更に人間にどんないたずらを仕掛けようかと企んでいることが
わかる。このことから、人間に対しいたずらをしかけることが好きな性格だと考えられる。
(となると、α版にて主人公が訪れることに対し喜んでいたり初対面時に連絡先を
渡した理由は・・・?)だが、普段の彼と同じくナルシストな一面や表情豊かかつ
食いしん坊なところも確認ができ
まさに本作品のジャンル名となっている「ホラーコメディ」らしいキャラクターと
なっている。今後の彼の活躍はいかになるだろうか・・・

レオナルド・ナニー


「僕が作った特製ドリンクでも飲ませるかい!?」

登場作品:デモ版、α版、PAP版ミニゲーム集、ネット公開版ミニゲーム集、2017年エイプリルフール企画、2018年エイプリルフール企画(姿のみ)

メガネをかけた、薄紫の肌に濃い紫のショートヘアーの髪をしている
紫色をした三つ目の19歳の男性。一人称は僕。
口調は、ミラーとはまた違った雰囲気のもつ紳士口調交じっており又若干の
男性口調が混ざっているの中性口調で、元気で明るい印象をもつ。
愛称は「レオ」であり、ほかの兄弟からもそう呼ばれることが多い。
DNAの形をしたネクタイを付けており、白いシャツを着用。その上に白衣を纏っており
黒いズボンをはいている。
背は大分高めで兄弟の中ではチャッキーの次に高身長。
人間について研究をしている科学者であり魔界一の科学者を目指している。
自室にて謎の人参姿の生物や何故か白衣をホルマリン漬けにしている。
とても明るくハイテンションな性格で兄弟の中ではトップクラスのバカでポジティブ。
又、物凄い自信家でもあり自分自身のことを天才と称している。
他にも、夜しかない魔界にて太陽光を集める機械を発明するなどおっちょこちょいなところもある。
実際、ハロウィン版での名前あてクイズでもし間違えてしまったとしても、
それに対してノってくれたりしている。
ただ純粋でとても優しい性格である為、仲の悪い兄弟はいない。
α版では、人間界での気候(雨)について研究しており、代わりに体を取り戻すようテレーザに頼むので主人公に手伝ってほしいと頼んでくる。
妹の一人であるニコレッタに何故かいつもおちょくられている。
今まで公開された全バージョンにて主人公に対し
特性ドリンクを飲ませようとしている。
ちなみにその際には冒頭のセリフを発言し、このセリフは彼(というか作品全体)の代表格となっている。
だがこの特製ドリンクは、魔物に服用させるぶんには特に害はでないがあまり評判はよくない。
しかし、上記の通り彼の弟であるデイヴだけは例外で最初は無理していたものの、いまではおいしそうに飲んでくれている。ちなみに彼によると
彼の特製ドリンク(薬)は「グレープジュース」とのこと。
しかし、人間である主人公にこれを飲ませようとしたときに
デイヴからデモ版で「それはヤバいんじゃないか、流石にかわいそう」
と言われ、又デモ版では
ニコレッタから、α版ではデイヴから「(飲むと)死ぬんじゃないか」と言われている
ことから人間にとっては大分危険なものだと思われる。
2017年のエイプリルフール企画では男子高生の姿で登場したうえに
水着に白衣という大分露出度の高い姿で登場をする・・・・


アドリアーネ・ナニー


「読めたわ!その名前は偽名ね!本当の名前を白状しなさい!」

登場作品:α版、ネット公開版ミニゲーム集、2018年エイプリルフール企画(姿のみ)

若干赤がかかっている肌色にオレンジ色の巻き髪をしていて右目は髪色と同じオレンジ色、
左目は水色な19歳の女性。普段は赤い髪留めでまとめられた前髪で左目が隠れている。
ちなみに髪の毛の裏地は水色となっている。
水色の長いリボンを付けており、白いシャツ、濃い茶色のジャケット、明るめの茶色の
スカート、薄い茶色のレギンスを着用している。
口調は、ネイサンやテレーザと比べると大分活発で元気な印象をあたえる女性口調と
中性口調を両方使っており一人称は「あたし」。
また、額部分と顔中央、両手が包帯で覆われており何か衝撃を受けるとその包帯が
取れてしまい頭と胴体が離れ離れになってしまったりする。
しかし、体がバラバラになっても痛みは感じないらしい。
背は低めで主人公と殆ど差がない。
探偵として名前をあげることに夢見ており、身近でちょっとした事件が起こったら積極的に
一人で捜査をしていたり、自室にはアンパンや牛乳が飾られている。
探偵志望者らしく、明るくハキハキとした性格であり悪を絶対に許さない正義感の強い
優しい女の子である。
又、α版のサブイベントでは最近ホテル内で起こっている新聞泥棒事件について調査しており
犯人確保のための隠れていたところをたまたま出くわした主人公に見つかり、そこで
主人公を自分の助手とし一緒に調査をすることになるが・・・?

ネイサン・ナニー


「あら、坊や。舞台に二人の主役はいないものよ?」

登場作品:デモ版、α版、ネット公開版ミニゲーム集、2018年エイプリルフール企画(姿のみ)

人間と同じ色をした肌色に黄色いおしゃれなパーマの髪をしていて水色の目をした女性。
年齢不詳。普段はパーマーで左目が半分隠れている。とんがった鼻をしているのが特徴。
バラの髪飾り、ピンクのピアス、銀色のネックレスを付けており、
またピンクのアイシャドウをしている。
ピンクのインナーにピンクのロングスカート。そして、黄色いアームカバーを着用している。
モデル体格かつ高身長であり女性キャラの中ではテレーザに続いて背が高い。
自由自在に体の形を変えられる魔法を使える。
常識人で上品でおとしやかな性格で、口調も完ぺきな女性口調を使っている。
ナニー一家につとめる執事「アイグス」に絶賛片思い中。
2018年エイプリルフール企画では、一見登場していないように見えるが
素材データのファイル名を確認すると・・・?

チャッキー・ナニー


「お~~~~!? 人間のお客さんとはひさしぶりだべ」

登場作品:α版、ネット公開版ミニゲーム集

肌は、顔の右上がピンク、左下が水色になっていてそれ以外の部分が薄緑色になっている
つぎはぎの大男。髪型は金髪のショートヘア。年齢不詳。(ただ、19歳であるレオナルドの
兄であることが判明しているためおそらくは成人済みだと思われる)
縦長の黒白目にに緑色の瞳孔またその中に小さい黒色の瞳孔という
かなり特徴的な瞳をしている。デイヴと似たようなかなり人外度の高い外見。
白色のシャツに薄い茶色のズボンを着用している。
どうやら、背中にチャックがあるらしい。ちなみに裸足。
大男ということもあり、身長は全メインキャラの中で一番高い。
一人称は「オラ」であり、
又口調は、語尾に「~だべ」がつく日本の多くの地域で使用されている方言である。
ぬいぐるみショップを経営しており、手先が器用な模様。
又、レオナルドの特製ドリンクを背中で飲み干すらしい...

スコーリン


「なんでやねん!アホか!!」

登場作品:なし

ホテルのシステムをしきる謎のロボット。年齢(?)不詳。
見た目は完全にこっちの世界でのタコそのものであり、デイヴやチャッキーのような
人外度の高い外見をしているものがいる中でもひと際目立つ外見をしている。
緑色の瞳をしており、頭のてっぺんに先っちょが黄色いアンテナのようなものがある。
短気な性格で、大阪弁で喋る。
現在公開されている家族の中で、彼のみまだ登場作品がないが
α版にて主人公の名前を「スコーリン」と設定すると反応をしてくれ、
更に同じくα版にて彼の存在をほのめかす発言をホテルの観光客がしており
今後の活躍が楽しみである。

テレーザ・ナニー


「さあさあ、夕食の時間よ みんなもうそろったかしら?」

登場作品:デモ版、α版、ネット公開版ミニゲーム集、ゴーストホスピタル

薄紫の肌にミディアムヘアーを髪飾りで後ろにまとめた濃い紫色の髪をしたクモの魔女。年齢不詳。
瞳の色も紫色である。紫色のセーターにそれより濃い紫色のロングスカートを着用している。
また、濃い紫色のアイシャドウをしている。
背は大分高く、全メインキャラクターの中でチャッキーの次に高い。
ネイサンやアドリアーネと同様完ぺきな女性口調で話す。
ナニー兄弟の母親であり、ホテルを仕切っている。魔法の織物で生計を立てている模様。
大人と言うこともあり、優雅な性格である。ただ、家事は息子の一人であるラルの方が上手い。
上記に書いてある通り、「ゴーストホスピタル」にて娘の一人であるニコレッタと息子の一人であるデイヴとともにゴーストホスピタルに訪れており、そこでデイヴがメタボリックシンドローム予備軍と診断されたところを心配している。


外部リンク

公式HP
公式Twitter
The Hotel 337 α version

pixivに投稿された作品 pixivで「Hotel337」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136

コメント