ピクシブ百科事典

Kaiserreich

かいざーらいひ

スウェーデンのゲーム制作会社Paradox Interactive社が開発した第二次世界大戦を主軸とする戦略シミュレーションゲームHearts of Ironにおける歴史改変大型MODの1つ。
目次[非表示]

「もし第一次世界大戦でドイツが勝利していたら?」
1936年の夜明けとともに、世界大戦の遺産は新らたな世代の肩に重くのしかかっている。

ドイツは世界の中心に位置し、他に類を見ない影響力を有しているが、その足元にはフランスの勃興するサンディカリズム「インターナショナル」・旧来の「協商」・不滅のロシア、そして後悔を忘れた「ライジングサン、即ち日本」などの新旧の敵が横たわっている。その間、ドイツの広大な領土は危険なまでに拡張され、コンスタンティノープルやウィーンの同盟国は疎遠になり、大西洋の向こう側ではアメリカと言う名の巨人が弱体化しつつある。大戦終結から17年が経過し、新たな年に転機が訪れるとは誰も思っていない。だが、やがて小さな火種が火薬庫に改めて点火しかねない状況になるやもしれないのだ……

概要

KaiserreichはHearts of Iron4の歴史改変大型MODの1つ。
上記の文書は公式MODページの文章を有志が訳して公開している日本語化MODから引用したものでその通り「史実では第一次世界大戦で負けたドイツが仮に勝者となっていたら」というテーマで作られている。
数ある本ゲームの歴史改変MODの中でもトップクラスの知名度と完成度を誇りこのMODから派生して生まれた歴史改変MODも多い。また本来のゲーム(いわゆるバニラ)にはない機能なども多数実装されている。

前史

まず第一次世界大戦がはじまってしばらくは史実と同じ。分岐点は1917年1月8日にドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が無制限潜水艦作戦の再開中止を決めたことから始まる。この結果史実では再開後に起きたアメリカの対独宣戦が起きなかった。また同年にロシアでは革命が起こり史実よろしくブレスト=リトフスク条約が締結されソ連とロシアは大戦から退場、1919年の大春季攻勢でパリが陥落、イタリアも崩壊し大陸の協商国は壊滅し第一次世界大戦はドイツの勝利で終わった。その後ロシア内戦では白軍が勝利し英仏では共産革命が成功する。

主要国家

ドイツ帝国

このMODの主人公。国家元首は皇帝ヴィルヘルム2世。ゲーム開始後しばらくすると大恐慌が起こり経済が破綻する。また初期は軍のドクトリン研究に大きなデバフが付いている。おまけにAIの英仏露orソ連は必ずドイツに宣戦するため周囲を敵に囲まれるだろう。だが最初から世界最強の工業力と数多の従属国を有するため全て返り討ちにすることも可能。カイザーの威光を再び世界に知らしめるのだ

フランス・コミューン

大戦に敗北して革命を成功させた方のフランス。当然ながら対独復讐を掲げておりどのルートでも基本的にドイツと事を構える。またこれはフランスに限らずすべてのアカい国に言えるがドイツが恐慌で苦しむ間もその影響を受けない。彼らの経済が崩壊してる間に軍拡し今度こそドイツを討ち取るのだ。

イギリス連合

サンディカリズムのイギリス。革命時にイギリス王室がそこそこの海軍を持って行ったため欧州最強の海軍国家ではないがそれでも手ごわい。またイギリスに限った話ではないが史実ではファシスト運動の指導者だった人物が国家元首になることもある。海上戦力に乏しいフランスを助けながらドイツに引導を渡すのだ。

カナダ自治領

上記とは逆でカナダに亡命したイギリス政府。大戦で敗北した協商陣営の盟主でトップはイギリス国王。ドイツやイギリス連合には劣るもののこちらもそこそこの海軍戦力を保有する。下記のフランスやポルトガル(と場合によってはアメリカやスペイン)と共に本土を奪還するのだ。

アメリカ合衆国

言わずと知れた世界最大の工業大国……なのだが先の大戦に参加できず協商へ送った大量の戦債を回収できなかった&世界恐慌のコンボで経済が壊滅している。そのため政治も不安定になり二大政党制は崩壊、小党乱立状態となっている。またややネタバレになるがしばらくすると回避不能の第二次アメリカ内戦が勃発する。運が悪いとどさくさ紛れてカナダに一部領土を持っていかれることも…

ロシア共和国

敗戦と革命によりポーランド、フィンランド、バルト三国、ベラルーシ、ウクライナ、中央アジア、北樺太と大量の領土を喪失している。また、政治的混乱が酷くゲーム開始一週間以内に国家元首のケレンスキーは暗殺される。そのためどの国でプレイしていても一回目のニュースイベントは彼の暗殺になるだろう。その後は再び革命を起こさんと第二次ロシア革命をするか内戦にはならないものの大きな路線変更かを迫られることになる。

大日本帝国

恐らく史実とほとんど変わっていないどころか史実より得をしている国。ほかのMODのように天皇が暗殺されるなどということもなく史実の満州国に当たる奉天政府やウラジオストク周辺を統治するトランスアムールなども影響圏にある。(影響下にはあるが、傀儡ではないうえ両国共に独立ルートもある)。また海軍軍縮条約もなく史実では海軍大国であるイギリスとアメリカは革命や内戦で艦船が減るため実質敵はドイツしかいないと言ってもいい。しかも当のドイツは主戦場の欧州が忙しすぎてアジアに軍をほとんど送ってこない。史実と同じくアジアに覇を唱えることも奉天に力を貸し彼らに真の五族共和を達成させることや欧州に軍を派遣して世界大戦を狂わすことも可能だ。おそらく最も自由度の高い国家だろう。

オーストリア=ハンガリー帝国

ハプスブルク帝国、もしくは二重帝国と言われるアレ。国家元首はバニラにおける二重帝国再興ルートの国家元首であるオットー・フォン・ハプスブルクではなくその父親のカール・フォン・ハプスブルクである。大戦真っ只中で帝国内の諸民族の反乱が起こりかけていたがアウスグライヒが再び行われ、その結果ボヘミア、ガリツィア=ロドメリア、イリュリアの自治政府が生まれた(ゲーム的にはハンガリー、ボヘミア、ガリツィア、イリュリアがオーストリアの傀儡となっている)。ゲーム内の動きとしては1937年のアウスグライヒ再交渉を通して未来を決めることとなる。現状維持か、ドナウ連邦や大オーストリア合衆国を形成してハプスブルク帝国の連邦化を推し進めるか、勿論武力を用いて帝国を統一することもできる。ドイツ陣営の帝国協定への加盟も可能だが、フランクフルト国民議会で検討された大ドイツ主義、中欧帝国の実現がより魅力的に見えるのならばそうしてもいいだろう。何にせよ大戦の敗北者であるセルビア人とルーマニア人がただ指を咥えて見ているだけではないことは明らかだからだ

オスマン帝国

世界大戦にブリカスの畜生行為によって参戦し初戦は中東戦線にて快進撃を続けたが、1918年までにイギリス軍の攻撃によりオスマン帝国軍は壊走を始め、アナトリア半島まで追い込まれてしまうも、ムスタファ・ケマル・アタテュルク指揮下のマラシュでの戦いにおいて多くの損害を出しながらも奇跡的勝利を収め、イギリス軍の進撃を止めることに成功し、最終的にフランスの降伏と後の1919年にコペンハーゲン条約により、瀕死の病状から解放された。その後の戦後の混乱を経て大宰相となったムスタファ・ケマル・アタテュルクによる改革が行われており、連邦化、民主化、ケマル独裁化、軍事政権化など様々なルートがある。しかし属国(アルメニア、キレナイカ)はほぼ裏切り、アラブ諸国も野獣の眼光でこちらの領土を狙い同盟を組み戦争を仕掛けてくるので、プレイ国家としては非常に歯ごたえのあるものになってくる。

その他の国家

フランス共和国

革命によって北アフリカに逃亡した第三共和政府の残党。現在、ウェルダンの獅子ことペタン元帥が軍事政権によって支配しているものの、徐々に国民の支持を失いつつある。この国を支配するのは、獅子か民か、あるいは王か。いずれにせよ,赤き裏切り者を倒し、フランスを解放しようとするだろう。

ミッテルアフリカ

ドイツが大戦の後、ベルギーやイギリスの植民地を併合して生まれた植民地国家。あまり経営がうまくいっておらず、原住民の反発を招いている。もし、あまりに不安定になるならば、この国は容易く崩壊するだろう。

イタリア

大戦後、イギリスやフランスと同じように革命が北部で勃発。現在、北のイタリア社会主義共和国、ロンバルディアとヴェネトを支配するイタリア共和国、南部を支配する両シチリアと、その傀儡でありローマを支配する教皇領、サヴォイア家が逃れたサルデーニャの五ヶ国に分裂している。彼らは第二次リソルジメントを目指すが、大国の介入は世界大戦まで行われない。

ブルガリア

大戦での勝利により第二次バルカン戦争で失ったマケドニア地域の奪還どころか大ブルガリアを超える領土を達成した。史実では退位したフェルディナンド1世による統治が継続しているが開始直後に政争が始まり、国家保安法の廃止を巡ってプレイヤーは軍人協会(ズヴェノ)、野党、そして与党とそれを支持するボリス王太子(史実のボリス3世)のいずれかの勢力を伸ばす(或いは維持する)こととなる。がしかしそれが終わったとしてもセルビア、ギリシャ、ルーマニアによるベオグラード条約機構との第四次バルカン戦争がすぐに始まる。場合によっては(というよりNFで不可侵条約を結ばなければ)オスマン帝国が確実に参戦し、AIブルガリアは死ぬ(オスマンが参戦しなくともほぼ死ぬ)。勝てばバルカンの覇者としての地位を再確立し、地域大国としてオーストリアの陣営や帝国協定に加盟して第二次世界大戦をかつての同盟国と共に戦い抜くことができる。負けるとボリス王太子が国家元首になったりアカくなったりする。

インド

イギリス革命の後、イギリス領インド帝国は崩壊し、南部を藩王たちの藩王連邦、北部を英領インド政府の後継者を自称するインド自治領が、東部を社会主義のバーラティア・コミューンが支配している。彼らは真のインド帝国の後継者の座を争うだろう。

中国

大清帝国はドイツの援助により中国の支配者となった呉佩孚がドイツの要請によって復位させた愛新覚羅溥儀によってかろうじて存続しているものの、北部以外は軍閥の支配下にあり、さらに東北部の奉天政府は完全に独立している。ドイツに恐慌が起きるとき、それは中国にて統一戦争が起きるときである。

アメリカ

選挙や会談によっては、アメリカ合衆国は五大湖周辺を根城とする極左のアメリカ社会主義連盟、南部を本拠地に置く極右のアメリカ連合国のどちらか、あるいは両方と戦うことになる。また、マッカーサーが政府を支配した場合、太平洋諸州がアメリカ西岸国として反旗を翻す。さらに場合によっては、カナダがニューイングランドに傀儡政府を樹立する。戦いを避けることはできない。どの国が勝とうとも、アメリカ史上最も多くの血が流れ、この国に深い傷を残す。(下記のkaiserreduxでは回避可能)


Kaiserredux

Kaiserreichの拡大発展型とも言えるMOD。
本家KRがリアル性重視なMODであるのに対し、このMODでは本家KRにありそうでなかったルートや明らかにネタとしか思えないようなルートが追加される。またそれ以外にも第二次アメリカ内戦の参戦国が変わったり、イタリアがkaiserreichの旧バージョンのように五か国ではなく二か国に分裂していたりなどルート以外にも違いがある。
これにより、KR側が想定していないようなプレイなども可能となっており、リアリティにこだわらず、純粋に戦略ゲームとして楽しみたい、という層にはKRよりもむしろこちらのほうが向いているとも言える。

Fuhrerreich

kaiserreich内に登場するチャーチルが執筆した仮想歴史小説およびそれをもとにしたmod。史実のように連合国が勝利しているものの、アダム・ドレクスラーなる人物がバルキズムという主義を掲げ、ドイツを支配したり、英仏が袂を分かち対立していたり、トルコがセーヴル条約どうりに分割されたりし、史実とは大きくかけ離れている。


関連タグ

Hearts of Iron
全てはここから始まった

Red Flood
本MOD内にイベント文だけ登場する同名のリトアニアの恋愛小説を基に作られたMOD。なお現実にRaudonasis tvanas(意味は同じくRed Flood)をリトアニア外交官のイグナス・シェイニュス(Ignas Šeinius)が著しているが内容はソ連併合後のリトアニアにおける惨状を書いたものである。

関連リンク

Steam

関連記事

親記事

ハーツオブアイアン はーつおぶあいあん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Kaiserreich」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Kaiserreich」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76567

コメント