ピクシブ百科事典

M.2

えむどっとつー

コンピュータの内蔵拡張カードのフォームファクタと接続端子について定めた規格である。
目次[非表示]

注:画像のSSDはmSATAです。M.2のものではありません。

概要

mSATAの後継規格として開発された。SATA Expressの小型版であり、上位互換の規格である。


「Intel 9シリーズ以降のマザーボードに採用された新しい規格で、機能性や柔軟性に優れています。
接続にはスロット形状を採用しており、板がむき出しになったような基板が一般的です。
タブレットやウルトラブックなどの普及に合わせて、ストレージ用の面積を小型化することを目的に開発されました。

マザーボードと拡張カードを接続するM.2は、従来あるさまざまなインターフェース規格に対応。
中でも多いのが、マザーボードとストレージを接続するSerial ATAと、拡張スロットの利用に使われるPCI Expressです。
また従来のコネクターとの互換性はないものの、データ転送の技術は互換性を持っています。

要するにM.2はコネクターなど物理的な部分に関しては新しく、データ転送に関しては従来の技術を取り入れたものなのです。」
引用元

特徴

mSATAの接続がSATA3.0しか対応していないのに対し、M.2はPCI-E、USB3.0など他の接続にも対応しており、機器に応じた接続が出来るようになっている。
転送速度にも顕著な違いがあり、mSATAの転送速度は6Gbpsなのに対し、M.2は10Gbps~32Gbpsである。


「M.2端子は75個のポジションを持つが、全てのピンを同時に使うことはなく、そのうちいくつかのピンを取り除くことで機器タイプを示す(ノッチ)。ホスト側は端子の形を調整することで、対応するM.2機器のタイプを示すことができる。現在ホスト側の端子の種類はA,B,E,Mの四種類が多く使用されている。例えば、端子のBとMの両方の位置に切り欠きを持つM.2カードは2つのPCIeレーンを使用でき、最大の互換性を持つ。逆にMの位置のみに切り欠きを持つM.2カードは、互換性を犠牲に4つのPCIeレーンを使うことができる。どちらの場合も、(ホスト側が対応していれば)SATAやUSB 3.0方式で接続することは可能である。実際の機器において、PCI Express 4レーンを使用するSSDではM、PCI Express 2レーンまたはSATA接続のSSDではBとMのKeyIDが割り当てられている。ただしホスト側が必ずしも全てのインターフェイスに対応しているわけではなく、MキーであってもPCIeのみでSATAは未対応、BキーであってもSATAのみでPCIeは未対応などの場合がある。

また、従来のMini PCI ExpressではPCIeレーンを1つしか利用できなかったが、M.2機器では最大4レーンまで使用することが可能になり、Wi-FiやWiGigを1枚に収めた拡張カードが登場するなど、デバイスの小型化に貢献している。例として、WWANモジュールではUSB接続のためBkeyが使用され、Wi-FiとBluetoothモジュールではAとEを、Wi-FiとBluetooth、WiGigのモジュールではAのKeyIDが使用されている。」
引用元




関連イラスト

○○ に関するイラストを紹介してください。

イラストの再投稿2
チョビマンガ



別名・表記ゆれ

○○ に関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。
Next Generation Form Factor
NGFF

例)ピクシブ ぴくしぶ チョビ chobi

関連タグ

○○ に関係するタグがありましたら、紹介してください。
例)SSD
規格
ストレージ

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

関連記事

親記事

コンピュータ こんぴゅーた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「M.2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました