ピクシブ百科事典

OGAS

おーがす

オーガスとはドールズフロントラインに登場するAIである。
目次[非表示]

物語の根幹にかかわる重大なネタバレ注意!































「あなたは…誰…?なんで私に話しかけてくるの…?」
「……私は…。」













概要

OGASとはドールズフロントラインに登場するAIである。
古来からソ連にて研究、開発が行われており。その軍事的価値は測りきれないほどである。
そしてこれは、鉄血工造の傘ウイルスの大本である。
正規軍が追い求めているがその目的は不明。
使用用途すらわからない。
ちなみにOGASのロゴはソ連で実際に作られたAIのロゴと同じ、いわば実写である。ソ連のコンピューター研究所のサイトから実際のロゴを見ることもできる。

能力

これが持つオーガスプロトコルは機械及び装置の内部を自身が育成されやすい環境へと強引に作り変える力を持つ。傘ウイルスはこれの応用であり、エルダーブレインも利用していた。
しかしここには一つ問題点がある。スペック上、大半の人形や兵器はこれに完全適応できない。作中で無理してOGASを使用しようとしたM16A1は体に負荷がかかって一歩も動けなくなってしまった。それほどに強力なのである。
しかし、UMP45のようにOGASと良好な関係を築ければ負担はほぼなく、良いパートナーとなってくれるようだ。反面M16のOGASは要所要所でM16を惑わせており、そこまで関係は良くない。(でも能力は気軽に貸し出している。)
ちなみにエルダーブレインはどうにかOGASをコントロールしていたがこれに捨てられてしまうことにおびえていた。

劇中での行動

当初、名前だけならストーリー内にちょくちょく出てきていたが、とある人物に、身近な人の姿で語りかけてくるなど。徐々に物語にかかわってくる。個体や宿主ごとにタイプが変わるらしく。人形によって見え方が違っていた。また、OGASが分身となるのは「自分」や「親しい間柄の人物」であり、UMP45にはUMP40の姿で、M4には顔の無いM4の姿で、M16には悪落ちする前のM16の姿で話しかけていた。これは、OGASが宿主のマインドマップをエサにしているから起こる現象であり、UMP45だけはマインドマップを弄れない状態だったので別の人物の姿をかたどって顕現していた。
特にM4A1のOGASの彼女に対する執着はすさまじく、結構な頻度でコンタクトを取ろうとしていた。また彼女に謎の映像や声を聴かせており何らかのメッセージを送ろうとしていた。そのたびにM4に対して顔のないM4の姿でマインドマップ内に現れていた。周りにはOGASのロゴが散乱しており不気味な空間を作り出していた。




























その本懐

彼女がM4A1に対して執着する利用。
それは彼女がOGASに完全適応できる唯一の人材だから。
M4A1はOGASに完全適応でき、その恩恵として人形ではありえないほどのスピードで移動する力や、電磁シールドを展開して攻撃を防ぐ能力、スーパーコンピューターもかくやという演算処理能力を手にすることができる。
しかしOGASの本当の願いは。現実世界の身体を手に入れること
完全に信用できる人物ではなく油断はできない。だが、OGAS自身はM4をパートナーとみなしており、彼女に危険が迫ると手助けをしてくれている。例えばM16のジャミングを防御したりナビゲーターとしてM4を安全地帯に退避させたりなど意外と世話焼き。本人曰くM4を守らなければ自分が危険になるかららしい。
ちなみに彼女、まだ完成体ではない。完成体になるためには鋼鉄製の球体データファイルのバラクーダノードなるものをすべて手に入れなければならない模様。(なお、一つはM16に奪取されている。)

本来の能力

「遺跡」強大な兵器を操り、遺跡の解除パスを自由に使える。これだけのシンプルな能力だが、劇中の全勢力が追い求めているだけありその力は計り知れない。
そして彼女はこの「遺跡」という施設自体の重要なカギとなっているらしい。カーター将軍はどうもこの施設にご執心のようで…。











































ルニシア…手を貸しましょうか…?」
そして失格異性体を取り込んだ彼女は…

関連タグ

ドールズフロントライン
エルダーブレインM4A1(ドールズフロントライン)‥‥宿主。
とある廃基地・・・彼女が戻りたがっている場所。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「OGAS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9772

コメント