ピクシブ百科事典

Rotter_Tarmination

ろってるたーみねーしよん

「Rotter Tarmination」とは、『太鼓の達人』シリーズに収録されている楽曲である。
目次[非表示]

「なんじゃこりゃああ!」

曲データ

表譜面

コース難易度ノート数
かんたん★×5(AC新筐体以降は★×4)182
ふつう★×7(AC新筐体以降は★×6)249
むずかしい★×7438
おに★×9AC新筐体以降は★×8681


裏譜面

コース難易度ノート数
かんたん★×5183
ふつう★×7250
むずかしい★×8438(Wii2代目・決定版では439、ぽーたぶるDXでは423)
おに★×10943


概要

『太鼓の達人12』に収録されたナムコオリジナル曲。

作曲はSampling Masters MEGAこと細江慎治氏で、「いや~今回は心の中で「こんなのやっていいのか?」と頭の片隅で0.1秒ほど「ガッ」と考えた後、脊髄反射の如くブチかましてみました。」とコメントしていた。

いわゆるロッテルダムテクノでサンプリングボイスも入っている。サンプリング元は民安ともえの「SMILEBIT-TECHNO RIDER TAMMY 2-」に収録されている「すまいるびっと」や「たみー第四症」で、前半を逆再生すると「私はタミー。また会ったな!」と聞こえるが、そのタミーというのが民安ともえのことである。

譜面

BPMは速く、6分音符交じりの8分音符の塊が多く、休憩地帯も少ない。終盤には16分の17連打もある。ただし譜面自体は繰り返しが多いため、クリア自体はそこまで難しくない。しかし、最後にくる風船音符は999打と実質的に割ることは不可能。

しかし、裏譜面になるとかなり難しくなり、全体的に複雑な複合やHSで一旦減速して後に加速していくギミックといった譜面構成になっており、きたさいたま2000と負けず劣らずな難しさになっており、ACにおいて2000シリーズ以外の楽曲が太鼓の達人最難関曲になるのは、第一作のさいたま2000が登場して以来初めて。ちなみに、X-DAY2000はこの曲が出た影響で当初の予定より若干易しめになったという。やはりここでも実質的に割ることが不可能な風船音符は健在で、766打と表譜面よりは少なくなったがやっぱり叩ききれない。

この曲のおに(裏)をフルコンボすると「なんじゃこりゃああ!」という称号が手に入る。これは曲中にあったサンプリングボイスのひとつである。

ちなみに、実質的に割ることが不可能な風船音符がある曲はAC14のこの曲にも登場している。


関連タグ

太鼓の達人 ナムコオリジナル曲

関連記事

親記事

ナムコオリジナル曲 なむこおりじなるきょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Rotter_Tarmination」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68

コメント