ピクシブ百科事典

Xa

いくさ

和太鼓風リズムゲーム「太鼓の達人」の楽曲。
目次[非表示]

楽曲情報

作曲Tatsh
譜面作成不明
BPM290
曲IDxan


コースかんたんふつうむずかしいおに裏譜面
難易度☆5☆6☆7☆9☆10
コンボ数222295468675904

概要

太鼓の達人への初のTatsh名義での提供曲。
「太鼓の達人 ドンだー!日本一決定戦2013」で世阿弥=Tatshが確定したのと同時にエトウから曲製作の以来を受け、作成した曲である。
発表当時は曲名が決まっていなかったため、公式生放送にて視聴者と共に曲名を決定した。
9月10日のアップデートにて双竜ノ乱と共に収録された。

ちなみに、曲のBPMについてたまに議論が行われており、BPM145派とBPM290派があった。
が、現在は本人が290だと明かしたため、この議論はなくなっている。


譜面

この曲には表譜面と裏譜面がある。
表譜面は比較的おとなしい譜面である。とはいっても長複合が存在していたり、BPM290の16分がたまに出てきたりするので注意。
コンボ数の675は765(ナムコ)のアナグラムだと思われる。

裏譜面になるとこの曲の真の姿が牙を剥く。
まず前半は☆10にしては難易度が低いのでここでゲージを稼ぐことは出来る。
問題はゴーゴータイムに入ってから。まず初音ミクの消失-劇場版-(裏譜面)の第二ゴーゴーによく似た形の発狂が2小節(8/4拍子の為実質4小説)の間襲ってくる。その後も幽玄ノ乱さえ凌駕する量の16分が流れてくる。(とは言っても難易度は休みのないあちらの方が高い)最後には16分の3連打が連続で流れ、35連打で止めわけのわからないものである。
この曲と双竜ノ乱ドンカマ2000幽玄ノ乱四天王と呼ばれている。どれも万戈イム-一ノ十が可愛く見えるレベルの鬼畜さである。

ちなみに、こんな超難易度のこの譜面でさえ四天王では最弱である。(稼ぎ所が多いというのが一番の理由である。ちなみに幽玄ノ乱以外の四天王には全て稼ぎ所があるが、発狂でゲージをほぼ削られてしまう)それを裏付けるように、四天王で初日フルコンボが確認されたのはこの曲のみである。(ちなみにドンカマ2000は初出から17日後双竜ノ乱は初出から26日後(あべこべでは7日後)、幽玄ノ乱は初出から29日後である)
以上のことからこの曲は四天王では最弱である。それでも他の☆10とは比べ物にならない難易度なので侮ってはいけない。最弱とはいっても四天王なのだから。
段位道場で金合格(課題曲を全て全良)が達成された現在においても四天王のうちオプション「でたらめ」をつけて全良を達成した者はおらずフルコンもこのXaのみである。「でたらめ」をつけるとただでさえ高密度な譜面が複雑になったものを捌く能力を要求されることとなり、その難易度は人智を遥かに凌駕するものとなる。Xa以外はフルコンすらされていないことから四天王がいかに凶悪であるかお分かりいただけるだろう。

最近ではPS Vitaから移植されたチャーリー ダッシュ!、11/15から配信された!!!カオスタイム!!!と併せて新たな六狂の一つと称されている。

段位道場

上記の通りかなりの高難易度である裏譜面だがなんと段位道場に参戦してしまった。玄人、名人、超人が追加されたムラサキVer.段位道場の最高段位「達人」の1曲目課題曲として参戦。この曲の後には同時期に収録された問題児「双竜ノ乱」、太鼓の達人最難関曲「幽玄ノ乱が待ち構えている。これを「可10未満、不可3未満」というキミドリ達人以上に鬼畜な課題を乗り越えなければ合格できない。Xa(裏譜面)だけでも可10未満におさえるのは非常に厳しいのに、その後には双竜ノ乱、幽玄ノ乱が控えているので難易度が異常に高い、とかいうレベルじゃ済まされない無理ゲーである。
ちなみに、ムラサキ達人は課題曲が全てTatsh(と彼の別名義である世阿弥)の曲であることから「Tatsh人」と呼ばれることもある。

表記ゆれ・略称

イクサ

(ローマ字表記)

動画

表譜面


裏譜面



関連項目

太鼓の達人ナムコオリジナル曲
双竜ノ乱(同時期に配信された世阿弥名義の楽曲。)


Tatsh
わけのわからないもの四天王

コメント