ピクシブ百科事典

目次[非表示]

有料DLCで追加された殺人鬼。本名は「ハーマン・カーター

概要

ノースリーブの白衣だったものを羽織り、所々に管という管を身体中に繋げた見た目からして狂気の塊の様な男。
極めつけは開口機と開瞼器で口と眼をガン開きにしており、カラカラに乾いた皮膚からは常に電撃を発している。
拠点の「レリー記念館」は元軍病院だったのを改造して秘密の研究施設としたもの。
言わずもがな彼の職場であり、731部隊も引くような残虐を極めた人体実験の温床であった。
流石にヤバいと思った政府はこれを隠匿した結果、エンティティ率いる殺人鬼の狩場となってしまった。
ゲーム上ではあまりにも大量の障害物と入り組んだ地形からTHENURSETHEHILLBILLYにとっては地獄。
壁だらけで鉢合わせの危険がある分生存者にとっても地獄。つまり双方にとって地獄。

見た感じナチスドイツ感のあるキャラだがモチーフ元はなんと実在人物
eスポーツなんて概念も周りに根付いていない時代のオンラインゲーム最盛期、中国でオンラインゲーム中毒になった子どもに対して中毒を治すという名目で電撃ショック療法を開発して多くの子どもにそれを行った医者がいた。
しかし実態は大量の入院料と巻き上げたあげく、拷問としか言いようのない電撃を浴びせ続けて子供にトラウマを刻み込むというもの。
電撃の痛みに耐えかねた子どもが逃げ出せば、保護者にペナルティとして更に金を巻き上げるという文字通りのブラック医療を行ったヤブ医者であった。
現在では電撃ショック療法は子供に対する虐待であるとして中国当局が禁止している。
同DLCに収録されている「フェン・ミン」は彼の被害者となった子ども達のアバターと言える。

背景

産まれながらの天才、ハーマン・カーターは人間の脳という力強い物を分析し、解体する事を目指した。
そのための学を得ることを彼は苦にも思わず熱中し、学会でも一目置かれる心理学の博士となった。
彼はCIAの研究機関に配属されたが、その機関は「国外の敵」に対抗するための対スパイ、自白の研究機関であり、彼の師のスタンパーは尽く彼から良識と光を奪い、研究に没頭させた。

叫び、嘆き、恐怖、悲哀。様々な絶望が入り乱れた阿鼻叫喚の地獄の中で黙々とカーターは「研究」を続けた。
彼に近寄ろうとする同僚は誰もおらず、彼を止める者はいなかった。
レリー記念館が沈黙した後、カーターの研究室を覗いた者達は絶句した。
自分の師でもあるスタンパー氏すら巻き込んだ狂気の実験の産物が至る所に放逐されていたのだ。
そこからカーター本人の姿は確認されなかったが、彼がやったとしか言いようのない狂気的な世界は確かにそこにあった。

性能

左腕に電撃を溜めこみ、周囲に展開する「治療」モード、金棒で殴る「処罰」モードを使い分けて戦う殺人鬼。
ドクター戦に限り生存者には「狂気」ゲージというものが追加される。
これはドクターの電撃を受けるか治療モードのドクターの心音範囲内にいると上昇し、Lvが上がると突然叫んでドクターに場所を知らせてしまう「発狂」を起こす。
発狂状態ではスキルチェックの難易度が上がる、幻覚が見える、など様々な症状が発生し、最高Lvの3になってしまうと定期的に発狂して叫び出し、自分の見ている幻覚がドクターにも見えるようになって居場所がばれ、しかも発狂Lvを下げない限り修理や治療が一切行えなくなる、など深刻な症状を引き起こすようになる。
これを基に隠れた相手を見つけ出し、じわじわと追い詰め、そして確実に仕留める。

治療モードの際、チャージして相手に電撃を当てる事が可能。
電撃を当てる度、DOCTORは「ヌッフッフ」と悦びの声を上げる。
これによって大きく相手の狂気ゲージを上げることができるが、電撃自体にダウン効果はなく、相手をフックに吊るすには処罰モードに変えて殴る必要がある。

メメント・モリは金棒をしまって手を合わせて両腕に電撃を纏わせた後、頭を両手で挟んで強力な電撃を通して焼き殺すというもの


パーク

圧倒的存在感 Overwhelming Presence

圧 倒 的 存 在 感。心音範囲内のサバイバーのアイテム消耗速度を大幅に上げるという邪魔パーク。こんなしょーもない効果に割くパーク枠はどこにもなく、産廃パーク筆頭としてネタ扱いされている…

観察と虐待 Monitor & abuse

通称「観虐」。チェイスしていないときの心音範囲を狭め、チェイスしているときに心音範囲を広める。心音が狭いキラーと相性がよく、サバイバーがキラーの接近に気付くのが遅れるようになる。特に、マイケルがLv1でこれを使うと、心音範囲が0mになり全く心音がしなくなる。
一方で、ドクター本人との相性は治療モードとの関係であまりよくない。

オーバーチャージ Overcharge

 「オバチャ」とも。蹴った発電機に罠を仕掛け、次にその発電機に触れたサバイバーは難しいスキルチェックに直面する。スキルチェックが下手な初心者に効果的だが、一方でスキルチェックに慣れた上級者には普通に解除されるためあまり安定しないのが難点。

アドオン

本人の綴った論文や研究資料、メモ等がアドオンになっている他、チェスの駒等の、一体ナニに使ったのかわからないモノもアドオンになっている。電撃の範囲を拡大・変更するものと、狂気状態のサバイバーに「心音を常に鳴らし続ける」「ステインの幻覚を見る」「常に疲労状態」などさらなるデバフをかけるものがある。

長所

 文句なしの索敵最強。一人称視点でただでさえ視野の狭い殺人鬼側にとって相手の位置が手に取るようにわかるという状況は鴨ネギという他ない。電撃を張っただけの狂気Lv1状態でも相手は勝手に叫んで位置を教えてくれる。何度も何度も電撃を浴びせる事で修理やその他特殊行動に制限をかけられるほか、事あるごとに叫ぶため、どこに逃げようとどう隠れようと無駄となる。
DOCTORがその場に現れた瞬間から、相手に安全な場所など存在しない。立ち止まって安心できる場所など決して存在しないのである

短所

 見つけられても追う事ができないという致命的な欠点がある。相手を見つけられてもチェイスに弱いとこの殺人鬼を使っても意味がない。相手も相手で「隠れられない」と知っている以上逃げ回る事に命をかける事は当然。そのため、相手の裏をかいたチェイス、相手を素直に追っかけ血の渇望をためるチェイス、狂気を溜めに溜めて相手の自由を奪ったら一旦見逃して突然強襲するチェイスなど、その場その場に応じたチェイスで確実に一人ずつ屠っていく事ができないと彼を扱うのは難しい。

関連イラスト


関連タグ

DeadbyDaylight DbD デッドバイデイライト 電撃 ヤブ医者 マッドサイエンティスト
THETRAPPER THEHILLBILLY THEWRAITH THENURSE THESHAPE THEHAG THEHUNTRESS THECANNIBAL

関連記事

親記事

キラー(DbD) きらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「THEDOCTOR」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67984

コメント