ピクシブ百科事典

THESPIRIT

すぴりっと

THE SPIRIT(ザ・スピリット)とは、ゲーム『Dead by Daylight』に登場する殺人鬼である。
目次[非表示]

概要

海外の多人数対戦型ホラーゲーム『Dead by Daylight』に登場するKiller(殺人鬼)の一人。2018年8月29日に公開された「Shattered Bloodline」にて追加された。

日本ではキラー名のTHE SPIRITよりも後述の本名から「凜ちゃん」と呼ばれる事が多い。

呼称の意味は「幽霊」。
血の気の引いた青白い肌に、不気味に揺れる長い黒髪、白目をむいた怖ろしい剣幕が特徴の女殺人鬼。最低限の局部のみを包帯で隠した露出度の高い出で立ちをしているが、その体は各所に切り傷や刃の破片が確認され、腕や脚は分断され断面が生々しく露見している。

とは言え、他の女性キラーよりも見た目が色っぽい事は確かでスタイルも良く、胸はよく揺れるし何より見事なお尻を持っている。

片手に一振りの刀(一般的な刀身に反りのある日本刀ではなく、平安時代以前の直刀に近い構造のもの)を持ち、素早い太刀筋で相手を斬りつけて攻撃する他、「幽霊」の呼称通り幽体離脱する能力を持ち、自身の残影を残した状態で高速移動が可能。発動中は生存者と相互に視認できず心音も聞こえなくなるが、障害物をすり抜けることはできない。

経歴

本名は「Rin Yamaoka(リン・ヤマオカ/山岡 凛)」。
本作においては初の日本人を題材にしたキャラクターである。
ちなみに「凛」ではなく「」である。

香川県高松市出身の、私立大学に通うごく普通の女子大生。重病を患った母のため、学業の傍らアルバイトで治療費や家計を補うなど、親想いな女性だった。しかし、同じく妻の治療のために仕事に邁進していた父が、とあるプロジェクトに失敗した責任を取らされるという理不尽な理由でリストラされてしまう。絶望した父は発狂し、病床の妻を惨殺。凛もバイトから帰宅したところを急襲され刀で滅多切りにされる。窓際に追い詰められた凛は、父への並々ならぬ憎悪を抱きながら、突如現れた闇の中に闇に呑まれ姿を消した。

THEHAGの様に被害者の側面が大きいキラーは他にも居るが、彼女の場合はエンティティに召喚されるまでは殺人を犯したことがない初のキラーともいえる。

専用ステージは「Yamaoka Estate(山岡邸)」。
彼女が長年を過ごした生家であると共に、父への怨念が入り交じる因縁の地でもある。庭園付き2階建て構造の和風建築(何処と無く中華っぽいのは海外ゲーあるある)の豪邸だが、先の惨殺事件や長い時の流れにより酷く荒廃している。

性能

固有能力「山岡の祟り(フェイズウォーク)」は幽体離脱した状態で移動し、効果が切れると幽体移動していた場所に肉体も瞬間移動するというもの。
フェイズウォーク中は抜け出た幽体は生存者側からは一切姿が見えない。幽体周辺では風切り音のような独特な音が聞こえるとはいえ、正確な位置を把握されないため一気に距離を詰める事ができる。似た特性のレイスと違ってフェイズウォーク解除と同時に攻撃ができるため、発電機修理や仲間の治療を行っている生存者にタイムラグなく攻撃を行えるのはかなりの利点。
しかしその一方、フェイズウォーク中はキラー側からも生存者が見えなくなってしまうため、足跡と音を手掛かりに位置を推定する必要がある。

また固有の特殊能力としてパッシブフェージングというものがある。
生存者側からキラーを見ている時、時々「フェイズウォーク中のようなの音と共に、ラグによるフレーム欠けのように表示が飛び飛びになる」という現象が起こるというもので、生存者側からすれば相手がコマ送りになるので距離を図るのが若干難しくなる。不慣れな人だと「やっべフェイズウォーク始めた」と思ってキラーに接近して斬られる...という事態になる事も。
ただし近距離でないとそもそも意味がない事も多い上、制御ができない能力のため、あくまでミスを誘発する「可能性がある」能力と考えよう。

固有パーク

Spirit Fury
怨霊の怒り。板を4・3・2枚破壊すると発動可能になり、板当てスタンを食らった際に一度だけその板を即座に破壊するヒルビリーの「Enduring(不屈)」と組み合わせることで板を当てたのに距離が遠くならないという、生存者からずれば絶望しかない結果になる事もある強パーク。ただしスピリット自身は素のチェイス性能は並なので、トラッパーやヒルビリーの方が相性はいい。

Hex:Haunted Ground
呪術:霊障の地。マップ上に呪いのトーテムを2個生成し、どちらか片方が破壊されると全ての生存者に40・50・60秒間の無防備状態(一撃でダウン)を付与する。他の呪術系パークと併用する事で、デバフを解除するつもりが逆にワンパンされるデバフをかけられるというこれまた生存者からすれば笑えない状況を作り出せる。
因みに壊されなかった方のトーテムは通常のトーテムに戻る。

Rancor
怨恨。生存者のうち一人にオブセッション状態を付与する。
キラー側は発電機の修理が完了するたびにその瞬間の全生存者の位置が強調表示(ドクターの電撃で発狂したときと同じような通知)され、オブセッション対象からは5・4・3秒間、キラーが可視表示(透けて見える)される。
そして、全ての発電機の修理が完了すると...オブセッション対象は無条件で無防備状態(一撃でダウン)にされ、キラーはオブセッション対象をメメント・モリできるようになる。
オブセッションを付与されている生存者はDecisive Strike(決死の一撃)のような強力なパークを持っている事も多いため、敢えて手を出さず最後のお楽しみに自らの手で殺す...という運用ができる。

アドオン

生前の彼女の持ち物や、山岡家にまつわるものなど。
フェイズウォークはもちろん、パッシブフェージングの頻度や効果時間を増加させるといったものもある。
ウルトラレアアドオンはフェイズウォークの移動速度がとてつもなく速くなる代わりに生存者の足跡が見えなくなる「Mother-Daughter Ring(母娘の指輪)」と、フェイズウォーク中に生存者の血の跡が見えるようになる「Father's Glasses(父親の眼鏡)」。

関連タグ

DeadbyDaylight 山岡凛(表記揺れ)
殺人鬼 日本人 女子大生 幽霊

pixivに投稿された作品 pixivで「THESPIRIT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16115

コメント