ピクシブ百科事典

WhiteLady

ほわいとれでぃ

White Lady(白いレディ)とはTeam Cherry制作のインディーゲーム『Hollow Knight』の登場人物の一人である。
目次[非表示]

プロフィール

名前白いレディ (White Lady)
性別女性
種族根(高貴な者)
テーマ曲「白いレディ」
Zara Pellen


概要

生殖と性欲を司る高貴な者。また、ハロウネストの女王にして蒼白なる王の妻である。
根菜か樹木みたいな、どう見てもムシとは程遠い姿をしており、幹(?)と根っこ(??)のほとんどは鈍色の縄できつく縛られており、顔と枝だけが覗く。
主人公が近づけてくると青く輝く目を開ける。
本人曰くその目の視力は縛られてから弱くなっており、彼女にとっては世界は霞がかかっているように見えるとのこと。
原作では喋り方がとても独特になっている。

女王の庭の一番奥に隠れ住んでおり、影の衣がないと彼女の居場所にたどり着くことは不可能。
訪れた主人公に「王の魂」の半分を授け、とある頼みごとをする。
また未入手の場合「王の魂」のもう半分を手に入れるように赴かせ、「王の魂」を完成にした主人公にその中に隠されてあるものを確かめるようにに仕向ける。

彼女には一部装備したチャームやプレイヤーの進歩に反応する台詞が揃えており、
何度も話しかけると作品の謎に迫る情報をたくさん得られるようになっている。

なお、最後のスタグの話によると、ハロウネストでは彼女が死んだことになっているらしい。
(原作で彼は白いレディを「our late queen」つまり我々の亡くなった女王様と呼んでいる)
なぜそう扱われていたのかは彼女を二度尋ねた場合以降の台詞を考えると察しがつくだろう。

白いレディの部屋の外には王国の偉大な騎士の一人であるドライヤの亡骸が眠っている。
彼女の最後の思念を夢見の釘で読み取ると、最期まで女王様を守ろうという一心でカマキリ族の造反者たちと戦っていたらしい。
しかし白いレディはドライヤが死んだことに気づいていない。

関連タグ

HollowKnight ThePaleKing
表記ゆれ
白いレディ




















以下本編のネタバレあります



















↓↓



















↓↓




















↓↓




















主人公と白いレディ

무제


白いレディとは主人公ホロウナイト壊れた器及び他の器たち・アビスを彷徨う同胞たちの母親である。
主人公にはいつ死んでも不思議じゃないホロウナイトに代わって2代目のホロウナイトになるように頼む。

本人曰く自分の意思で束縛されている。
器たちの創作で担った役割に恥じていることと、更なる器の誕生を阻止したかったと語っている。
しかし己の膨大な性欲を自分の力で抑えきれないため、夫のもとを離れ身を縛り付けて庭に立てこもったとのこと。

実子の主人公には聞きたくないであろう事情まで平然に話すあたりなどややずれている発言が多く、一般のムシたちとは大分価値観が異なっていると思われる。
マームの事情から、時間の感覚もムシとは違うと一部のファンから推測される。

主人公のことを自分の子供として考えているのかどうかははっきりしなくどっちにも取れるような発言が多い。
しかし夫の蒼白なる王や親しかった偉大な騎士たちを今も心から想っている様子を見せる。

ホロウナイトが弱まっていることを感じ取っているのにドライヤや夫がどうなっているか解っていないようで、チャーム「守護者の紋章」を装備した状態で話しかけるとオグリムが主人公と一緒にいるのだと思い込んでしまうことから根から得られる情報はあまり多くないのかもしれない。

関連記事

親記事

HollowKnight ほろうないと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「WhiteLady」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351

コメント