ピクシブ百科事典

XM25

えっくすえむにご

XM25とは、アメリカ陸軍で採用されているグレネードランチャー。
目次[非表示]

概要

OICW計画で企画していた、榴弾を目標の上空で炸裂させることで遮蔽物などの後ろにいる敵を攻撃できるXM29の派生型として、グレネードランチャーの部分のみ取り出し、より現実的な形で完成させたのがXM25である。
M320同様に不発率の高いM203を代替するものとなる予定。
銃火器部はH&K社が、火器管制システム部はL-3 Communications社が、弾薬部はOrbital ATK社が担当。

XM29で予定されていた20mmグレネードに代わって、より大型化された25mmx59弾を用いて、セミオートでの射撃を行うことができるエアバーストウェポンとなっている。
搭載した光学機器によって、従来のグレネードランチャーにはない精密射撃を実現している。
着脱式のマガジンを備えており、既存の一発ずつ装填・排出を繰り返す必要のあるランチャーと比較して連射が可能であり、再装填も容易になっている。
また、既存の40mmグレネードは左にそれていく独特な投射軌道を持つが、25mmグレネードは210m/sという高初速によってほぼまっすぐに飛んでいくため、特殊な照準器や完熟訓練をそれほど必要としない、という利点もある。
アフガニスタンでの実戦テストで高く評価され、現地の兵士達からは「パニッシャー」と呼ばれているが、M4カービンと共に持つことが出来ないサイズと重量の為、不満の声も上げられている。

2013年2月に射撃訓練中に二重装填による推進剤及び雷管の発火による事故で兵士が負傷、幸いにも軽症でXM25はアフガニスタンで試験中のものはすべて回収されている。
この事故を理由に2014年度予算を凍結。
予算は凍結されたもののプログラムは継続され、2014年8月よりEMDフェーズ(技術製造開発段階)の火器として限定的に製造する事を決定。
FCS等が改良されたアップグレード型が2016年春のPPQT(試作資格認定試験)及び2016年8月のマイルストーンCに挑むこととなる。

低率初期生産が開始された場合、M25として採用される予定。

一方で25mmは威力不足としており、40mm版を要求する動きもある。
(グレネードマシンガン版のエアバースト弾も作られており、イスラエルではアドオンランチャーから発射可能な40mmエアバースト弾の開発が進められている)

基本データ

全長737mm
重量6,350g
口径25mm
装弾数6発


関連イラスト

裏コン23表紙



関連タグ

グレネードランチャー アメリカ軍 OICW

pixivに投稿された作品 pixivで「XM25」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11792

コメント