ピクシブ百科事典

ウソッキー

うそっきー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.185
英語名Sudowoodo
ぶんるいまねポケモン
タイプいわ
たかさ1.2m
おもさ38.0kg
とくせいいしあたま / がんじょう


進化

ウソハチウソッキー

うそうそ親子



容姿

腰を曲げ両手の先に葉のようなものを持つ外観は松の木を彷彿とさせる。
しかしタイプを確認すると判るとおり「いわタイプ」であり、その名の通り「ウソツキ」なのである。
擬態を行うポケモンは他にも存在するが道のど真ん中に立っていても街の人々が気付かなかった所を見る限り、その木を真似る能力は他のポケモンとは一線を画すという事なのであろうか。

概要

名前の由来は「嘘つき(ウソツキ)」から。

普段は敵に襲われないように木のふりをしている。
身体の造りは石や岩などの鉱物に近い。そのため、水はかなり苦手で雨になると忽然と姿を消す。
両手の先は一年中緑色なので、秋や冬などは正体がばれやすい。

ゲームでのウソッキー

金銀クリスタルHGSSでは、36番道路の道を塞いでいる可笑しな木に「ゼニガメじょうろ」で水をかけることで戦いを挑める。レベルは20。

エメラルドでは、アトリエの穴に続く道を塞いでいる木に「ホエルコじょうろ」で水をかけることでバトルになる。レベルは40。

XYではオーロットの群れに混じって出現する事がある。
ただの木だけでは飽き足らず、木のポケモンにまで擬態するつもりなのだろうか…
オーロットとウソッキーはそのタイプ上互いの相性を補完し合っているため、共生関係にあるのではないかという説もある。

対戦でのウソッキー

種族値合計が410とかなり低めに設定されているものの、特攻・素早さを除くステータスが高水準で纏まっている為決して弱くない。
極端に低い素早さは生かし様があるためパーティによっては逆に利点と成る事もある。

剽軽な見た目とは裏腹に技のバリエーションはかなり豊富。
思いもよらない技が飛び出してくるあたり性能的にも相手を欺くつもりでいるらしい。
尚、木の模倣をしているからこそこの名前であるにも関わらず、草タイプ上位技のウッドハンマーも覚える。
しかも無反動でウッドハンマーを使えるのは全ポケモン中ウソッキーのみ
嘘が嘘でなくなってる気がするが…

アニメでのウソッキー

金銀編で初登場。ゲームと同じく道をふさいでいた。
その後AG編にてタケシが進化前のウソハチをゲットし、DP編でウソハチのみを連れて旅立った。DP14話でウソッキーに進化する。声は阪口大助が担当。
進化前は泣き虫だったが進化したことで改善され、ボールから出るとタケシに敬礼するのがお約束となる。
特性は「いしあたま」。アームハンマーやすてみタックルなどを覚えている。

関連イラスト

桜
ニビのアイツ



関連タグ

ウソハチ タケシ ミラーボ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウソッキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174755

コメント