ピクシブ百科事典

マンタイン

まんたいん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)のうちの一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.226
英語名Mantine
ぶんるいカイトポケモン
タイプみず / ひこう
たかさ2.1m
おもさ220.0kg
とくせいすいすい / ちょすい / みずのベール(夢特性)


※すいすい: 天気があめが ふりつづいている状態のとき、すばやさが2倍になる。
※ちょすい: みずタイプのわざのダメージを無効にし、HPを25%回復する。

進化

タマンタ → (手持ちにテッポウオがいる時にレベルアップ)マンタイン

スプラッシュ!



特徴

第二世代に登場したポケモンで、金バージョンにのみ登場。
後述の性能や銀バージョンにしか出現しないエアームドとは何かと対をなす存在として扱われやすい。

マンタ(オニイトマキエイ)のような姿をしている。
マンタよりも鰭が厚く、目も中央に寄っている。
餌の食べ残しを狙って体にテッポウオがはり付く事があるが、マンタイン自身はまったく気にしていないという。
泳ぐスピードが増すと海面からジャンプする事がある。
上半分は濃紺、下半分は薄い紫、背面に黒い輪っか模様が左右1つずつというのが基本である。

第四世代では、進化前の姿であるタマンタが登場。
手持ちにテッポウオがいる時にレベルが上がると進化するという、特殊な進化条件となっている。

性能

種族値はエアームドと対になった能力で、特防は140もある。
しかし、特殊受けといえばピンクの悪魔がいるのでエアームド程の活躍は聞かない。
水・飛行なので電気技も4倍弱点。半減実、どろあそび、ダブルで「ひらいしん」持ちと組むなど上手く使おう。

第5世代ではウルガモスシャンデラと相手にすると有利な敵も増えた。
岩技で狩ろうとしてきた物理アタッカーを「ねっとう」で火傷にしてやれば面白い活躍が出来る。

また、トリプルバトルにおいては位置に関係なく攻撃できる飛行技が一致で使えることに加え、
味方を加速できる「おいかぜ」、全体攻撃をシャットアウトできる「ワイドガード」など有用な技が多くなかなか侮れない。

第7世代では、種族値の見直しというテコ入れもとい救済により、HPが20も上がるという破格の向上を遂げた。おまけに「はねやすめ」まで習得し、水特殊受けの一般ポケモンの看板という地位を更に強固にした。

一方、実在のマンタとは違い、物理攻撃は控え目。

関連イラスト

地平線の向こうへ
【No.226】



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ポケモン図鑑
エアームド

pixivに投稿された作品 pixivで「マンタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116453

コメント