2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

基礎データ

プロジェクト名【AE-1β】EUROPA
制作者マーガレット・Q・カシオペア
設定年齢17歳
身長158cm
体重47kg
髪の色明度の低い青。わずかに巻き毛
目の色
声優山崎和佳奈


概要

マーガレット・Q・カシオペアが「【A-E】エモーション」を基に製作したロボットであり、同等の性能を持ったロボットが、異なる環境で暮らした場合の適応実験をする為に創られた。
【AE-1α】エララ」と同時に製作されたため、エララの双子の妹にあたり、外見的にはエモーションとエララとは三つ子のような関係である。

昔のユーロパ


カシオペア博士や兄「【A-C】コード」や姉たちを慕う純粋無垢で優しい性格だったが、後述の境遇による誤解で、一時期は【A-A】アトランダム以外は信じないほど心を閉ざして冷淡になっていた時期もあった。カシオペア博士の家に戻った後は、本来の素直な性格に戻り、なかなか発展しない姉エララとシグナルの関係を案じたりしていた。

製作されてからも「家族」と離れたくないと言うカシオペア博士の意向で、エララ、エモーションと共に暮らしていた(ただし、このために当初立案された「同等の性能を持ったロボットが、異なる環境で暮らした場合の適応実験」という研究機関アトランダムが遂行していた実験プランは事実上、頓挫した)が、エララが博士の知人を看護するため家を出た後、カシオペア博士が高齢のためロボット工学を引退することになり、ユーロパはDr.クエーサーの元に行くことになった
しかしそこで(機関アトランダムのトップとして実験の頓挫に内心では不服を持っていた)Dr.クエーサーに「製作者にも姉にも捨てられた」と偽の記憶を受け付けられカシオペア博士と姉に憎しみを抱くようになり、同じく人間を恨む【A-A】アトランダムと出会いパートナーとなっていく。

アトランダムの整備のためロボット工学の技術を習得しており、現在の外見も自分で改造したもの。一応「MIRA」を扱うこともできるがエララほどではない。

リュケイオン事件でアトランダムと共に姉に復讐しようとしたが、エララと対峙したときに自分と姉が持つ記憶の違いに気づいて戸惑い、最終的にDr.クエーサーの策略だったことを知り、アトランダムのボディに取り付けられた爆弾からみんなを守るために海に飛び込む。ユーロパを追って一緒に飛び込んだアトランダムが守ったお陰で爆発によるダメージはあったものの冬眠状態になっただけで済み、事件後はアトランダムと共にカシオペア博士の元へ身を寄せることになった。
小説版によるとご近所では「家を出た娘が結婚し、娘夫婦が体調を崩した母親を看護するため家に帰ってきた」と噂されてるらしい。だいたい合ってる

物語中盤でアトランダムが【A-Q】クオータの脅迫によって【A-S】シグナルから「SIRIUS」を奪ったことに大きなショックを受けるも、「リュケイオンのような間違いはもうしない」「絶対に理由がある」とアトランダムを信じ続け、シグナルの修理を手伝った。
「A-ナンバーズ抹殺計画編」では封印状態のアトランダムを一人にして行けないと残留組となる。


辛い時期もあったせいか、勝気でしっかりした性格に成長したようで、最新作「TWIN SIGNAL Biennial」では、体調を崩しがちのエララを心配して、シグナルにエララのことを念押しして頼むなどしている。


関連イラスト

リュケイオン組
習作(ブルーローズ)


カシオペア・シスターズ



関連タグ

大清水さち ツインシグナル TWINSIGNAL TWIN_SIGNAL
マーガレット・Q・カシオペア 【A-E】エモーション 【AE-1α】エララ
【A-C】コード 【A-A】アトランダム
Dr.クエーサー
ユーロパ AE-1β

関連記事

親記事

ツインシグナル ついんしぐなる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「【AE-1β】ユーロパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました