ピクシブ百科事典

【AE-1α】エララ

えらら

漫画『TWIN SIGNAL(ツインシグナル)』に登場するキャラクター。本編のヒロイン。
目次[非表示]

基本データ

プロジェクト名【AE-1α】ELARA
制作者マーガレット・Q・カシオペア
設定年齢17歳
身長158cm
体重45kg
髪の色亜麻色。直毛。
目の色
声優白鳥由里


概要

看護専門ロボットで本編のヒロイン。【A-S】シグナルの想い人。亜麻色の髪と大きな帽子がトレードマーク。
トッカリタウンの廃遊園地「どりぃむらんど」で養父と二人暮らししている。

【A-E】エモーション」を基に「【AE-1α】エララ」と「【AE-1β】ユーロパ」を製作。
同等の性能を持ったロボットが、異なる環境で暮らした場合の適応実験をする為に創られたが、カシオペア博士が手放しがたくなったため実験は変更となる。
コード、エモーションの妹でユーロパの双子の姉にあたるが、創られた時にはすでにカシオペア博士の養女である音井みのるは独立していた為、彼女と姉妹という認識は持っていない。
【A-K】カルマの次に製作されているため、実は稼働年数もシグナルより年上である。

以前はカシオペア博士と共に暮らしていたが、博士の知人であった養母の看護のため廃遊園地へやってくる。しばらくして養母は亡くなるが、同時に心が荒んでしまった養父を放っておけず、養父にひどい仕打ちをされてもそのまま遊園地で暮らしていた。シグナル達と出会った日の夜、エララに懐いている小猿のピートが養父の杖を奪って老朽化した展望台に逃亡、養父も杖を取り戻そうとピートを追いかけていき、エララもふたりを止めようと展望台へ向かい、崩れ始めた展望台から養父を必死に守ったことで養父も改心しめでたく和解したが、今度は過保護になってしまった。
シグナルと信彦から聞かされるまで音井教授もエララが遊園地にいることを知らなかったらしく十分なメンテナンスも受けていなかったと思われるが、養父との和解後は音井研究所で定期メンテナンスを受けられるようになった。
リュケイオン編でロボット展覧会に参加するためエララも同行するが、音井教授はロボット博覧会に行かなかったので正信の提案でシグナルの整備を任されることになり、MIRAの調整能力を追加された。作中では唯一MIRAを扱えるロボットのため、「A-ナンバーズ抹殺編」ではその能力を必要としたクオータによってさらわれてしまう。

本作のヒロインなためか何度か衣装も着替えており、メイン画像はリュケイオン編以降の普段着。

関連イラスト

TWIN SIGNAL
エララ


カシオペア三姉妹
【リクエスト消化】 しゃぼんだま



関連タグ

大清水さち ツインシグナル TWINSIGNAL TWIN_SIGNAL
【A-C】コード 【A-E】エモーション 【AE-1β】ユーロパ
【A-S】シグナル 音井信彦
エララ AE-1α

関連記事

親記事

ツインシグナル ついんしぐなる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「【AE-1α】エララ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6516

コメント